人間工学研究室
音響班

メンバー(2011年度)

福井 和敏(D2) 騒音下でのデータベースアクセス対話システムの構築

藤ノ木 健介(D2) 3角形双直交ウェーブレットの構成と応用
自動制御連合講演会優秀発表賞
スズキ財団海外渡航旅費援助
電気通信普及財団海外渡航旅費援助

村上 泰樹(D1) 蝸牛非線形モデルの構築に関する研究
電気通信普及財団海外渡航旅費援助

尾茂井 宏 (M2) 他感覚が聴感印象に与える効果に関する研究
学生顕彰(2011年3月)
第9回キャンパスベンチャーグランプリ中国テクノロジー部門優秀賞受賞(2011年1月)

名越 隼人 (M2) 発声機能障害者支援システムのための音質明瞭化手法の開発
最優秀修士論文

M田 浩二 (M2) 吸気音適応制御システムの構築に関する研究

林 真琴 (M2) オーディオ・サウンドの聴感印象評価に関する検討

上鹿庭 健浩 (M1) 仮想マイクを用いた車内音適応制御の検討

上木 晴佳 (M1) 蝸牛非線形モデルの構築に関する研究

小出 竜馬 (B4) アクティブノイズコントロールシステムの構築

村越 広大 (B4) 聴感印象の客観評価とその自動化に関する研究

山中 貴弘 (B4) 構音障害者のための発声支援システムの開発
第10回キャンパスベンチャーグランプリ中国努力賞受賞



現役学生による対外発表

 各学会の該当ページにLINKが張ってあります.
  1. Basic Study of Quality Evaluation for Recording Sound, Makoto Hayashi, Shunsuke Ishimitsu, Ryoji Higashi, Nobuyuki Torigoe and Suminobu Hamada, ICIC Express Letters An International Journal of Research and Surveys, Vol.6, No.4, pp.1071-1076, April 2012
  2. Sound Quality Improvement of Body-Conducted Speech from Optical Fiber Bragg Grating Microphone Using Differential Acceleration and Noise Reduction Method, Masashi Nakayama, Shunsuke Ishimitsu and Seiji Nakagawa, ICIC Express Letters An International Journal of Research and Surveys, Vol.6, No.4, pp.1013-1018, April 2012
  3. Multiscale Feature Extraction with Triangular Wavelets for Sound Quality Evaluation, Kensuke Fujinoki and Shunsuke Ishimitsu, ICIC Express Letters An International Journal of Research and Surveys, Vol.6, No.4, pp.991-997, April 2012
  4. Button Sound Quality Evaluation Using Brain Magnetic Field Measurements, Shunsuke Ishimitsu, Takayuki Arai, Kensuke Fujinoki, Seiji Nakagawa and Yoshiharu Soeta, ICIC Express Letters An International Journal of Research and Surveys, Vol.6, No.4, pp.891-897, April 2012
  5. Isotropic Image Decomposition with Triangular Biorthogonal Wavelets,Kensuke Fujinoki and Shunsuke Ishimitsu,ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.2,No.3,pp.589-595,2011年6月
  6. Improving the Clarity of Body-Conducted Speech Using Linear Predictive Coefficients,Hayato Nagoshi, Shunsuke Ishimitsu, Kouhei Oda, Kiyoshi Makiyama and Satoshi Horihata,ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.2,No.3,pp.609-614,2011年6月
  7. A study of making clear body-conducted speech using differential acceleration,Masashi Nakayama,Shunsuke Ishimitsu ,Seiji Nakagawa,IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering Vol.6,No.2,pp144-150,2011年1月
  8. Study on the Contribution of Intake Noise Using Complex Time-Time Analysis and Subjective Evaluation, Shunsuke Ishimitsu, Kenji Takami, Koji Sakamoto, Kazutoshi Fukui, International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing, Volume: 8, Issue: 4(2010) pp. 609-625, 2010年8月
  9. A study of constructing Active Noise Control System, Koji Hamada, Shunsuke Ishimitsu, Takehiro Ueganiwa, Keisuke Namekawa, Toshihisa Takagi, Kazuki Yoshida, Kenta Suzuki, Takanori Chino, PROCEEDINGS OF THE 2012 RISP INTERNATIONAL WORKSHOP ON NONLINEAR CIRCUITS, COMMUNICATIONS AND SIGNAL PROCESSING, March 4-6 2012, Honolulu, Hawaii
  10. Automated Evaluation for Button Sounds from Wavelet-Based Features, Kensuke Fujinoki, Shunsuke Ishimitsu, THE PROCEEDINGS OF THE AES 45th INTERNATIONAL CONFERENCE, Applications of Time-Frequency Processing in Audio, March 1-4, 2012, Helsinki, FINLAND
  11. Generation mechanisms of two-tone suppression using a cochlear model, Yasuki Murakami, Shunsuke Ishimitsu, THE PROCEEDINGS OF THE AES 45th INTERNATIONAL CONFERENCE, Applications of Time-Frequency Processing in Audio, March 1-4, 2012, Helsinki, FINLAND
  12. Basic Study of Quality Evaluation for Recording Sound Makoto Hayashi, Shunsuke Ishimitsu, Ryoji Higashi, Nobuyuki Torigoe and Suminobu Hamada, Proceedings of The Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control, December 22-24, 2011, Kitakyushu, Japan
  13. Sound Quality Improvement of Body-Conducted Speech from Optical Fiber Bragg Grating Microphone Using Differential Acceleration and Noise Reduction Method Masashi Nakayama, Shunsuke Ishimitsu and Seiji Nakagawa, Proceedings of The Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control, December 22-24, 2011, Kitakyushu, Japan
  14. Button Sound Quality Evaluation Using Brain Magnetic Field Measurements, Shunsuke Ishimitsu, Takayuki Arai, Kensuke Fujinoki, Seiji Nakagawa and Yoshiharu Soeta, Proceedings of The Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control, December 22-24, 2011, Kitakyushu, Japan
  15. Multiscale Feature Extraction with Triangular Wavelets for Sound Quality Evaluation, Kensuke Fujinoki and Shunsuke Ishimitsu, Proceedings of The Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control, December 22-24, 2011, Kitakyushu, Japan
  16. Multiscale Feature Extraction with Triangular Wavelets for Sound Quality Evaluation, Kensuke Fujinoki and Shunsuke Ishimitsu, Proceedings of The Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control, December 22-24, 2011, Kitakyushu, Japan
  17. Fundamental research on a body-conducted speech microphone using an Optical Fiber Bragg Grating for high magnetic field and noisy environments,○Masashi Nakayama(Kagawa National College of Technology), Shunsuke Ishimitsu, Hayato Nagoshi(Hiroshima City University),Seiji Nakagawa(AIST) and Kazutoshi Fukui(Hiroshima City University),inter-noise 2011 Sound Environment as a Global Issue,2011 September 4 through 7 Osaka,Japan,Proceedings CDROM 4pages
  18. Study of Active Noise Control of Sound using virtual microphone ,○Takehiro Ueganiwa,Shunsuke Ishimitsu,Kouji Hamada,inter-noise 2011 Sound Environment as a Global Issue,2011 September 4 through 7 Osaka,Japan,Proceedings CDROM 6pages
  19. Vehicle Interior Noise Evaluation Using Brain Magnetic Field,○Shunsuke Ishimitsu,Hiromi Nishikawa(Hiroshima City University),Seiji Nakagawa,Yoshiharu Soeta,Takuya Hotehama(AIST),inter-noise 2011 Sound Environment as a Global Issue,2011 September 4 through 7 Osaka,Japan,Proceedings CDROM 6pages
  20. A Wavelet-Based Approach for Evaluating Button Sounds,○Kensuke Fujinoki, Shunsuke Ishimitsu, and Kodai Murakoshi,inter-noise 2011 Sound Environment as a Global Issue,2011 September 4 through 7 Osaka,Japan,Proceedings CDROM 6pages
  21. WAVELET-BASED FEATURE EXTRACTION FOR TIME-VARYING SOUNDKensuke FUJINOKI,Shunsuke ISHIMITSU,2011ICWAPR,Guilin, Guang,China,10-13 July 2011,pp.251-255
  22. Sound quality evaluation using triangular wavelets,K. Fujinoki and S. Ishimitsu,Forum Acusticum 2011,Aalborg-Denmark,27 June-01 July,2011 CDROM:R024-Psychological and Physiological Acoustics pp.1079-1083
  23. Body-conducted speech microphone using an optical fiber bragg grating for high magnetic field and noisy environments,M. Nakayama, S. Ishimitsu, H. Nagoshi, S. Nakagawa and K. Fukui,Forum Acusticum 2011,Aalborg-Denmark,27 June-01 July,2011 CDROM:R003-Communication Acoustics pp.101-104
  24. Development for speech support system using body-conducted speech,H. Nagoshi, S. Ishimitsu, K. Oda, K. Makiyama and S. Horihata,Forum Acusticum 2011,Aalborg-Denmark,27 June-01 July,2011 CDROM:R003-Communication Acoustics pp.95-99
  25. Basic study of quality evaluation for recording sound,M. Hayashi, S. Ishimitsu, R. Higashi, N. Torigoe and S. Hamada,Forum Acusticum 2011,Aalborg-Denmark,27 June-01 July,2011 CDROM:R012-Musical Acoustics pp.421-424
  26. Study on sound quality evaluation of recording methodsMakoto Hayashi(Hiroshima City Univercity), Shunsuke Ishimitsu(Hiroshima City Univercity), Ryoji Higashi(Memory-Tech CO.,LTD.), Nobuyuki Torigoe(Memory-Tech CO.,LTD.), and Suminobu Hamada(Memory-Tech CO.,LTD.),2011 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communicaions and Signal Processing,Tianjin,China,March 1-3, 2011 CDROM pp.412-414
  27. Isotropic Image Decomposition with Triangular Biorthogonal Wavelets,Kensuke Fujinoki and Shunsuke Ishimitsu(Hiroshima City University),ICICIC-2010,Xi’an, China,December 20- 22, 2010
  28. Improving the Clarity of Body-Conducted Speech Using Linear Predictive Coefficients,Hayato Nagoshi, Shunsuke Ishimitsu, Kouhei Oda, Kiyoshi Makiyama and Satoshi Horihata(Hiroshima City University),ICICIC-2010,Xi’an, China,December 20- 22, 2010
  29. 自動車加速時の適応音質制御に関する基礎検討○浜田浩二,山本学,石光俊介,上鹿庭健浩,日本音響学会騒音・振動研究会資料番号N-2011-35(2011年7月15日(金)エルおおさか)
  30. 抑圧の影響を考慮した蝸牛モデルの入出力特性の検討、村上泰樹、上木晴佳、石光俊介、日本音響学会2012年春季研究発表会, 講演論文集 3-Q-23 pp.643-644 (2012年3月13(火)〜15日(水)神奈川大学横浜キャンパス)
  31. 蝸牛モデルを用いた二音抑圧に対する外有毛細胞の影響、村上泰樹、石光俊介、日本音響学会2012年春季研究発表会, 講演論文集 3-10-1 pp.573-574 (2012年3月13(火)〜15日(水)神奈川大学横浜キャンパス)
  32. ウェーブレット変換に基づく非定常音の音質自動評価に関する検討、村越広大、藤ノ木健介、石光俊介、日本音響学会2012年春季研究発表会 , 講演論文集 2-Q-25 pp.959-960(2012年3月13(火)〜15日(水)神奈川大学横浜キャンパス)
  33. 構音障害者のための発声支援システムの構築〜音声認識による音声評価〜, 山中貴弘、石光俊介、名越隼人、福井和敏、日本音響学会2012年春季研究発表会 , 講演論文集 2-Q-22 pp.953-954 (2012年3月13(火)〜15日(水)神奈川大学横浜キャンパス)
  34. 構音障害者のための発声支援システムの構築〜調音素性による音声評価〜, 名越隼人、石光俊介、山中貴弘、福井和敏、籠宮隆之、中川誠司、日本音響学会2012年春季研究発表会 , 講演論文集 1-Q-16 pp.859-860(2012年3月13(火)〜15日(水)神奈川大学横浜キャンパス)
  35. A Study on Automated Evaluation for Time-Varing Sounds with Wavelet Transforms, ○藤ノ木 健介(大島商船高等専門学校) 自動制御連合講演会 優秀発表賞受賞  
  36. 音質評価への神経生理学的手法の適用,石光俊介,日本騒音制御工学会 平成23(2011)年秋季研究発表会講演論文集 pp.77-80(2011年9月15日(木)〜16(金)芝浦工業大学 豊洲キャンパス)
  37. 感性育成課程における小児に対する聴感実験基礎検討,松尾香織,林真琴,石光俊介,日本感性工学会第13回日本感性工学会大会 一般講演:音楽・音(2011年9月3日(土)〜5(月)工学院大学 新宿キャンパス)
  38. 音声分析合成モデルを用いた体内伝導音の明瞭化の検討○名越 隼人,石光 俊介,小田 康平(広島市大),堀畑 聡,牧山 清(日大) 日本音響学会2011年春季研究発表会 (2011年3月9日(水)〜11日(金)早稲田大学西早稲田キャンパス)
  39. 視覚呈示と呈示環境が聴感印象に与える影響の基礎検討○尾茂井 宏,石光 俊介(広島市大),見附 梢,大杉 郁代,網本 徳茂,浜田 康(マツダ) 日本音響学会2011年春季研究発表会 (2011年3月9日(水)〜11日(金)早稲田大学西早稲田キャンパス)
  40. 小学生を対象とした聴感実験教育○林 真琴(広島市立大院),石光 俊介(広島市立大) 日本音響学会2011年春季研究発表会 (2011年3月9日(水)〜11日(金)早稲田大学西早稲田キャンパス)
  41. 高次局所自己相関特徴を用いたボタン押し音の音質評価の検討○澤村 芳人,尾茂井 宏,石光 俊介(広市大) 日本音響学会2011年春季研究発表会 (2011年3月9日(水)〜11日(金)早稲田大学西早稲田キャンパス)
  42. 3角形双直交ウェーブレットの構成と応用○藤ノ木健介,石光俊介 日本応用数理会 2011研究部会 連合発表会 (2011年3月7日(月)〜8日(火),電気通信大学)
  43. 高次局所自己相関特徴を用いた音質評価自動化の検討 澤村芳人(広島市大),尾茂井宏,石光俊介 日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会 講演論文集,No.115-1,pp9-10,2011年3月
  44. 視覚呈示による聴感印象変化に関する検討 尾茂井宏(広島市大),石光俊介,浜田康(マツダ),網本徳茂,大杉郁代,見附梢,日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会 講演論文集,No.115-1,pp63-64,2011年3月
  45. バーチャルマイクを用いたANCシミュレーションの検討○上鹿庭健浩(広島市大),石光俊介,濱田浩二 日本機械学会中国四国学生会第41回学生員卒業研究発表講演会 講演前刷集 p.34 (2011年3月4日(金)岡山理科大)
  46. 高次局所自己相関特徴による聴感評価 ○澤村芳人,尾茂井宏,石光俊介(広島市立大) 日本音響学会 第13回若手研究者交流研究発表会 発表資料集 p.25 (2010年12月5日(日) 同志社大学)
  47. 騒音下における視覚呈示の聴覚に及ぼす影響 ○尾茂井宏,石光俊介(広島市立大) 日本音響学会 第13回若手研究者交流研究発表会 発表資料集 p.28 (2010年12月5日(日) 同志社大学
  48. CD音源評価に関する検討 林真琴,石光俊介,東良次,鳥越信幸,浜田純伸 THE12th IEEE Hiroshima Student Symposium 2010年11月
  49. ウェーブレットの高次局所自己相関による感性評価 ○澤村芳人,尾茂井 宏,石光俊介(広島市立大) 第四回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ CDROM 3 pages(2010年9月27日(月)〜28日(火),豊橋技術科学大学) i>高磁場・高騒音下で頑健な骨伝導光マイクに関する基礎検討 中山 仁史,石光 俊介,名越 隼人,福井 和敏(広島市大),中川 誠司(産総研) 日本音響学会2010年秋季研究発表会 講演論文集CDROM pp.725-726(2010年9月14日(火)〜16日(木) 関西大学)
  50. 高次局所自己相関特徴を用いた音質評価の検討 澤村 芳人,尾茂井 宏,石光 俊介(広島市大) 日本音響学会2010年秋季研究発表会 講演論文集CDROM pp.723-724(2010年9月14日(火)〜16日(木) 関西大学)

スケジュール(2011年度)


前期

 グループミーティング  月曜日 

 音響洋書輪講       

 人間工学ミーティング   

 時間があったら以下のことを身につけてください.

  1. LaTeXによる文書作成.輪講資料はLaTeXで作成すること.
  2. 輪講用図書の精読
  3. ソフトを道具として使う.(MATLAB,C)




OBの進路(since 1997)

教育機関

大島商船高等専門学校,高松工業高等専門学校,広島市立大学

企業

NTTネオメイト,TOA, YKK, オリンパス,キャノン,クリエイティブソリューションズ,光東,スズキ,ゼロソフト,ダイハツテクナー,中国電力,データホライゾン,デンソー,東芝,日産自動車,パイオニア,早川ゴム、日立システムアンドサービス,日立情報システムズ,フォスター電機,富士通、富士通テン,富士通テンテクノロジ,富士電機,マツダ,レニアス,ローム

進学

九州工業大学,電気通信大学,徳島大学,豊橋技術科学大学,広島市立大学大学院,兵庫県立大学大学院,山口大学

OBの研究


2010年度メンバ


中山 仁史(D4) 体内伝導認識を用いた発声障害者支援システムの開発
平成22年度科学研究費補助金若手B採択(2010年4月)
学長奨励賞受賞(2009年6月)
第5回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会 特別賞・ゼネラルエンジニアリング賞受賞(2009年3月)
第7回キャンパスベンチャーグランプリ中国グランプリ獲得(2009年2月)
第7回キャンパスベンチャーグランプリ中国 情報通信部門優秀賞・NTTドコモ中国支社賞受賞(2009年2月)

阪本 浩二(D3) ウェーブレット解析による非定常音の音質評価に関する研究
最優秀博士論文(2011年3月)

福井 和敏(D1) 騒音下でのデータベースアクセス対話システムの構築

藤ノ木 健介(D1) 3角形双直交ウェーブレットの構成と応用

尾茂井 宏 (M2) 他感覚が聴感印象に与える効果に関する研究
学生顕彰(2011年3月)
第9回キャンパスベンチャーグランプリ中国テクノロジー部門優秀賞受賞(2011年1月)

金元 洋平 (M2) 高周波成分が楽曲の聴感印象に及ぼす影響に関する研究-心理計測及び脳磁界計測による検討-

澤村 芳人 (M2) 高次局所自己相関特徴による音質評価の検討

菅 秀裕 (M2) 3次元音を用いた視覚障害者のためのGUIアクセス支援システムの検討
学生顕彰(2011年3月)
第9回キャンパスベンチャーグランプリ中国テクノロジー部門優秀賞受賞(2011年1月)

平岡 大司 (M2) ゴルフショット音の聴感印象評価に関する研究
学生顕彰(2011年3月)
第9回キャンパスベンチャーグランプリ中国テクノロジー部門優秀賞受賞(2011年1月)

名越 隼人 (M1) 発声機能障害者支援システム構築のための体内伝導音適応処理の検討
日本機械学会第40回学生員卒業研究発表講演会優秀発表賞受賞(2010年3月)

M田 浩二 (M1) エンジン加速音の適応制御に関する基礎的検討

林 真琴 (M1) マルチチャンネルサラウンド信号生成システムの検討

上鹿庭 健浩 (B4) 仮想マイクを用いた車内音適応制御の検討

上木 晴佳 (B4) 自動車エンジン音の聴感印象評価に関する基礎的検討
学生顕彰(2011年3月)
第9回キャンパスベンチャーグランプリ中国テクノロジー部門優秀賞受賞(2011年1月)


2009年度メンバ


中山 仁史(D3) 体内伝導認識を用いた発声障害者支援システムの開発
学長奨励賞受賞(2009年6月)
第5回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会 特別賞・ゼネラルエンジニアリング賞受賞(2009年3月)
第7回キャンパスベンチャーグランプリ中国グランプリ獲得(2009年2月)
第7回キャンパスベンチャーグランプリ中国 情報通信部門優秀賞・NTTドコモ中国支社賞受賞(2009年2月)

阪本 浩二(D2) サウンドデザインとその評価に関する研究

小田 康平(M2) 発声機能障害者支援システムのための音質明瞭化の検討
学長奨励賞受賞(2009年6月)
第5回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会 特別賞・ゼネラルエンジニアリング賞受賞(2009年3月)
第7回キャンパスベンチャーグランプリ中国グランプリ獲得(2009年2月)
第7回キャンパスベンチャーグランプリ中国 情報通信部門優秀賞・NTTドコモ中国支社賞受賞(2009年2月)

鎌田 裕司(M2) マテリアル組成の異なるCDの再生音評価法の検討

川口 州道 (M2) 複合材料を用いた音響インシュレータの開発

西川 裕美(M2) 自動車エンジン音の聴感印象評価に関する研究
最優秀修士論文
日本機械学会第48期総会・講演会若手優秀講演フェロー賞受賞

山本 学(M2) エンジン騒音の音質評価と音質制御に関する研究
第10回IEEE-HISSプレゼンテーション賞受賞

尾茂井 宏 (M1) 他感覚が聴感に与える印象評価

金元 洋平 (M1) 音響部品の音質評価に関する研究

澤村 芳人 (M1) 複合材料によるインシュレータの開発とその評価

菅 秀裕 (M1) ハイディフィニションオーディオの客観的聴感印象評価

平岡 大司 (M1) ゴルフショット音のサウンドデザインに関する研究

名越 隼人 (B4) 発声機能障害者支援システム構築のための体内伝導音適応処理の検討
日本機械学会第40回学生員卒業研究発表講演会優秀発表賞受賞

M田 浩二 (B4) エンジン加速音の適応制御に関する基礎的検討

林 真琴 (B4) マルチチャンネルサラウンド信号生成システムの検討


2008年度メンバ

中山 仁史(D2) 体内伝導認識を用いた発声障害者支援システムの開発

阪本 浩二(D1) サウンドデザインとその評価に関する研究

荒井 貴行(M2) 聴感印象の客観的評価に関する研究
日本機械学会若手研究・技術者優秀講演賞(フェロー賞)受賞

高見 健治(M2) 脳磁界分析による自動車加速音の印象評価
第10回IEEE-HISS記念論文賞受賞

小田 康平(M1) 発声障害者支援システムの開発

鎌田 裕司(M1) 音響機器における聴感印象の客観評価手法の開発

川口 州道 (M1) 複合材料を用いた音響インシュレータの開発

西川 裕美(M1) 脳磁界計測を用いたエンジン音の聴感評価

山本 学(M1) 自動車加速音の時変ラウドネスと印象との相関

尾茂井 宏 (B4) ボタン押し音の音質と触覚の関連性検討

金元 洋平 (B4) 配線材評価法の検討

武田 朋也 (B4) 船内騒音の適応制御システム構築に関する検討


2007年度メンバ


中山 仁史(D1) 体内伝導認識を用いた発声障害者支援システムの開発

小田 康平(B4) 体内伝導認識を用いた発声障害者支援システムの開発

小田 虎士(B4) 聴感印象の客観的評価に関する研究

鎌田 裕司(B4) 室内伝達関数と聴感印象の関係について

山本 学(B4) 自動二輪車加速時の客観的評価に関する研究

柴谷 直明(M2) 適応制御における伝達関数を考慮した収束特性向上の検討
日本マリンエンジニアリング学術講演会優秀講演賞受賞

荒井 貴行(M1) 聴感印象の客観的評価に関する研究

高見 健治(M1) 自動車加速時の吸気音解析と聴感評価に関する検討

西川 裕美(B4) 適応制御アルゴリズムの開発




Ishimitsu's Homeへ戻る