人間工学研究室
音響班

メンバー(2007年度)

広島市立大・音組

中山 仁史(D1) 体内伝導認識を用いた発声障害者支援システムの開発

小田 康平(B4) 体内伝導認識を用いた発声障害者支援システムの開発

小田 虎士(B4) 聴感印象の客観的評価に関する研究

鎌田 裕司(B4) 室内伝達関数と聴感印象の関係について

山本 学(B4) 自動二輪車加速時の客観的評価に関する研究


兵庫県立大・音組

柴谷 直明(M2) 適応制御における伝達関数を考慮した収束特性向上の検討

荒井 貴行(M1) 聴感印象の客観的評価に関する研究

高見 健治(M1) 自動車加速時の吸気音解析と聴感評価に関する検討

西川 裕美(B4) 適応制御アルゴリズムの開発



現役メンバーによる対外発表

 各学会の該当ページにLINKが張ってあります.

  1. Construction of Speech Support System Using Body-Conducted Speech Recognition for Disorders S. Ishimitsu and M. Nakayama IEEE Third International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2008) June 18 - 20, 2008, Dalian, China accepted.
  2. Study on the Visualization of the Impression of Button Sounds S. Ishimitsu, K. Sakamoto, T. Arai, T. Yoshimi, Y. Fujimoto, and K. Kawasaki IEEE Third International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2007) June 18 - 20, 2008, Dalian, China accepted.
  3. A study of evaluating the button sounds S.Ishimitsu, K.Sakamoto, T.Arai, T.Yoshimi, Y.Fujimoto and K.Kawasaki, Acoustics’08 Paris (Palais des Congres in Paris) 29 June - 4 July 2008 accepted.
  4. Speech recognition with body-conducted speech using differential acceleration M.Nakayama, S.Ishimitsu and S.Nakagawa, Acoustics’08 Paris (Palais des Congres in Paris) 29 June - 4 July 2008 accepted.
  5. Subjective evaluation of accelerating car interior noise using brain magnetic field K.Takami, S.Ishimitsu and S.Nakagawai, Acoustics’08 Paris (Palais des Congres in Paris) 29 June - 4 July 2008 accepted.
  6. オートバイ加速時の聴感印象に関する検討 学○山本 学(広島市立大),正◎石光俊介,学 高見健治(兵庫県立大) 日本機械学会中国四国学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集pp.197,(2008年3月6日,近畿大学工学部(東広島市))
  7. 船内騒音の適応制御に関する検討 学○西川裕美(兵庫県立大),学 柴谷直明,正◎浅見敏彦,正 石光俊介 日本機械学会中国四国学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集pp.215,(2008年3月6日,近畿大学工学部(東広島市))
  8. 音響インシュレータの開発 学○小田虎士(広島市立大),正◎石光俊介,正 荒井貴行(兵庫県立大),学 杉山泰弘(豊橋技科大),正 戸田裕之 日本機械学会中国四国学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集pp.219,(2008年3月6日,近畿大学工学部(東広島市))
  9. 音響部品の聴感印象客観評価に関する検討 学○鎌田裕司(広島市立大),正◎石光俊介,学 荒井貴行(兵庫県立大),好美敏和(パイオニア) 日本機械学会中国四国学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集pp.312,(2008年3月6日,近畿大学工学部(東広島市))
  10. 発声障害者支援システムの開発 学○小田康平(広島市立大),正◎石光俊介,中山仁史 日本機械学会中国四国学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集pp.313,(2008年3月6日,近畿大学工学部(東広島市))
  11. 伝達関数を考慮したFeedfoward適応制御の高速化 ○柴谷直明(兵庫県立大),浅見敏彦,石光俊介(広島市立大) 日本機械学会中国四国支部第46期総会・講演会講演論文集pp.237-238,(2008年3月7日,近畿大学工学部(東広島市))
  12. 音響機器用インシュレータの開発 ○荒井貴行(兵庫県立大),浅見敏彦,小田虎士(広島市立大),石光俊介,杉山泰弘(豊橋技科大),戸田裕之 日本機械学会中国四国支部第46期総会・講演会講演論文集pp.251-252,(2008年3月7日,近畿大学工学部(東広島市))
  13. 脳磁界分析による自動車加速音の印象評価 ○高見健治(兵庫県立大),浅見敏彦,石光俊介(広島市立大),中川誠司(産業技術総合研究所) 日本機械学会中国四国支部第46期総会・講演会講演論文集pp.253-254,(2008年3月7日,近畿大学工学部(東広島市))
  14. 適応騒音制御における収束特性の比較とその船内騒音への適用◎柴谷直明(兵庫県立大学),石光俊介(広島市立大学) 第10回関西支部若手研究者交流研究発表会(2007年11月29日,甲南大学)
  15. 加速度差分を用いた体内伝導音明瞭化のための基礎検討 ○中山 仁史(広島市立大学),石光 俊介(広島市立大学),中川 誠司(産業技術総合研究所) 電子情報通信学会第22回信号処理シンポジウム講演論文集 CDROM pp622-627(2007年11月7日〜9日,東北大学)
  16. 適応騒音制御における収束特性の比較とその船内騒音への適用 柴谷 直明,石光 俊介 日本機械学会関西支部研究シーズポスター発表会 (2007年10月30日(火)大阪大学)
  17. ウェーブレットを用いた音響機器の聴感印象評価 ○石光俊介(広島市立大), 阪本浩二(兵庫県立大) , 荒井貴行(兵庫県立大) , 好美敏和(パイオニア) , 菅原啓太郎(パイオニア) , 佐々木勝弘(パイオニア) 第1回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ 241.pdf(1)-241.pdf(4)(2007年10月24日〜25日,豊橋技術科学大学)
  18. 実信号ウェーブレットの自動車吸気音解析への適用と聴感評価 石光俊介(広島市立大), ○高見健治(兵庫県立大) , 南場俊介(兵庫県立大) 第1回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ 231.pdf(1)-231.pdf(4)(2007年10月24日〜25日,豊橋技術科学大学)
  19. Construction of the Noise-Robust Body-Conducted Speech Recognition System S. Ishimitsu, M. Nakayama and T. Yoshimi, IEEE Second International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2007) on September 5 - 7, 2007, at Kumamoto City International Center, Kumamoto, Japan.Proceedings CDROM 4 pages
  20. Comparison with Adaptive Controllers for Feedforward Control and its Application to the Active Control of Ship Interior Noise S. Ishimitsu and N. Shibatani, IEEE Second International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2007) on September 5 - 7, 2007, at Kumamoto City International Center, Kumamoto, Japan.Proceedings CDROM 4 pages
  21. NOISE-ROBUST RECOGNITION SYSTEM MAKING USE OF BODY-CONDUCTED SPEECH MICROPHONE Shunsuke Ishimitsu, Masashi Nakayama, Toshikazu Yoshimi and Hirofumi Yanagawa , AES 122nd Convention (Austria Center Vienna, Vienna, Austria 5-8 May 2007) No.7105, Proceedings CDROM 8 pages
  22. 115 高騒音下での体内伝導音による認識システム構築 石光俊介(広島市立大),○中山仁史,好美敏和(パイオニア) 第17回環境工学総合シンポジウム2007講演論文集 pp.75-77, (2007年7月19日(木),20日(金)大阪市立大学 杉本キャンパス)
  23. 122 音響機器評価に関する基礎検討 石光俊介(広島市立大),○阪本浩二(富士通テンテクノロジ),荒井貴行(兵庫県立大),好美敏和(パイオニア),菅原啓太郎,佐々木勝弘(東北パイオニア) 第17回環境工学総合シンポジウム2007講演論文集 pp.95-98, (2007年7月19日(木),20日(金)大阪市立大学 杉本キャンパス)
  24. 125 自動車加速時の時間-時間解析と聴感評価に関する検討 ○高見健治(兵庫県立大),石光俊介(広島市立大) 第17回環境工学総合シンポジウム2007講演論文集 pp.107-110, (2007年7月19日(木),20日(金)大阪市立大学 杉本キャンパス)
  25. Phase Corrected Filtered Error LMS アルゴリズムの多チャンネル化と船内騒音への適用  柴谷直明(兵庫県立大),石光俊介(広島市大),清水聖治(大島商船) 第76回(平成19年春季)マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集 pp.43-44 (平成19年5月15日(火),16日(水),17日(木) 東京海洋大学 越中島会館)
  26. アルミ・鋳鉄合金インシュレータの開発 石光 俊介,◎荒井 貴行,阪本 浩二(兵庫県立大),トジョコルダ ニンディア,戸田 裕之(豊橋技科大),堀畑 聡(日本大),好美 敏和(パイオニア) 日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集 pp.633-634(2007年3月13日〜15日,芝浦工大)
  27. 楽音による音響部品評価の検討 石光 俊介,◎阪本 浩二,荒井 貴行(兵庫県立大),菅原 啓太郎,好美 敏和(パイオニア),佐々木 勝弘(東北パイオニア),柳川 博文(千葉工大) 日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集 pp.595-596(2007年3月13日〜15日,芝浦工大)
  28. アルミ・鋳鉄合金によるインシュレータの音響特性 ○荒井貴行(兵庫県立大),石光俊介,阪本浩二,Tjokorda Gde Tirta Nindhia(豊橋技科大),戸田裕之,堀畑 聡 日本機械学会関西支部第82 期定時総会講演会(2007年3月16日〜17日,  大阪産業大学)
  29. Phase corrected アルゴリズムの船内騒音制御への適用 ○柴谷直明(兵庫県立大),石光俊介 日本機械学会関西支部第82 期定時総会講演会(2007年3月16日〜17日,  大阪産業大学)
  30. 複素時間‐時間解析による吸気音寄与度解析 ○高見健治(兵庫県立大),石光俊介 日本機械学会関西支部第82 期定時総会講演会(2007年3月16日〜17日,  大阪産業大学)
  31. 聴感印象の可視化に関する研究〜オーディオ部品の影響〜 ○阪本浩二(兵庫県立大),石光俊介,荒井貴行,好美敏和(パイオニア),菅原啓太郎,牧野 敦 日本機械学会関西支部第82 期定時総会講演会(2007年3月16日〜17日,  大阪産業大学)
  32. 体内伝導音を用いた低SNR 環境での音声認識システムの構築 ○石光俊介(兵庫県立大),中山仁史(豊橋技科大),好美敏和(パイオニア) 日本機械学会関西支部第82 期定時総会講演会(2007年3月16日〜17日,  大阪産業大学)
  33. 船内騒音制御システムにおける参照信号の検討 ◎柴谷 直明,石光 俊介,清水 聖治 第75回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集,pp.41-42, (2006年10月31日(火)〜11月1日(水) 神戸大学)
  34. Phase corrected algorithm and its application to the active control of ship interior noise Shunsuke Ishimitsu and Naoaki Shibatani, Proceedings of The Sixth International Symposium on Active Noise and Vibration Control (University of Adelaide, South Australia, Australia 18-20 September 2006), CDROM 8pages
  35. Phase corrected Filtered error LMS アルゴリズムと船内騒音制御への適用 ○石光 俊介,柴谷 直明 第16回環境工学総合シンポジウム2006講演論文集pp.31-32,(2006年7月12日(水),13日(木)  産業技術総合研究所,青梅)
  36. 適応アルゴリズムの高速化と船内騒音制御への適用 石光 俊介,◎柴谷 直明,清水 聖治 第74回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集 pp.117-118, (2006年5月15日(月)〜16日(火) 東京海洋大学)学術講演会優秀講演賞受賞
  37. 適応制御における伝達関数を考慮した収束特性向上の検討/○柴谷直明(姫工大),石光俊介(兵庫県立大)日本機械学会中国四国学生会 第36回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,pp.184 (2006年3月7日(火)広島大学工学部)

スケジュール(2007年度)


後期

 グループミーティング   月曜日13:30−

 音響洋書輪講       金曜日13:30−

 人間工学ミーティング   未定


前期

 グループミーティング   月曜日15:00−

 音響洋書輪講       水曜日14:00−

 人間工学ミーティング   金曜日3限目(隔週)

 時間があったら以下のことを身につけてください.

  1. LaTeXによる文書作成.輪講資料はLaTeXで作成すること.
  2. 輪講用図書の精読
  3. ソフトを道具として使う.(MATLAB,C)



Ishimitsu's Homeへ戻る