研究業績など

以下に過去5年間の論文発表,口頭発表、特許などの一覧を紹介します.それ以前は こちら(1989年〜) に雑誌と分類してまとめてあります.


著書

  1. Wigner分布による非定常信号の時間周波数解析 豊橋技術科学大学,博士(工学)学位論文 1994年12月
  2. 現代科学入門シリーズ 生産システム工学ー知的生産の実際と基礎理論ー 石光俊介(共著) 朝倉書店 ISBN4-254-20502-3 C3350 2001年10月
  3. Advances for In-Vehicle and Mobile Systems : Challenges for International Standards, Springer Science, New York, NY, ISBN-10 0-387-33503-X 2007年5月.
  4. Speech Recognition  Chapter 14 Construction of a Noise-Robust Body-Conducted Speech Recognition System pp.261-274 ISBN 978-953-7619-29-9 Hard cover, 550 pages, November 2008  Publisher: IN-TECH
  5. Advances in Speech Recognition  Chapter 4 Body-Conducted Speech Recognition and its Application to Speech Support System pp.51-66 ISBN 978-953-307-097-1 Hard cover, 164 pages, September 2010  Publisher: Sciyo
  6. Speech Technologies Chapter 17  Improvement of Sound Quality on the Body Conducted Speech Using Differential Acceleration, pp.345-360 ISBN 978-953-307-996-7 Edited by: Ivo Ipsic Publisher: InTech, June 2011
  7. 製品音の快音技術〜感性にアピールする製品の音作り〜 S&T出版 pp.392-406 ISBN978-4-907002-00-8 C3058 2012年7月
  8. Modern Speech Recognition Approaches with Case Studies Chapter 8 Improvement on Sound Quality of the Body Conducted Speech from Optical Fiber Bragg Grating Microphone,pp.177-196 ISBN 978-953-51-0831-3 Hard cover,Edited by:S. Ramakrishnan Publisher: InTech, November 2012
  9. Industrial Applications of Affective Engineering:Button-Sound-Quality Evaluation for Car Audio Main Units, pp.181-191 ISBN 978-3-319-04798-3 ,Hard cover, Edited by:Junzo Watada,Hisao Shimizuka,Kun-Pyo Lee,Tsuyoshi Otani,Chee-Pneg Lin Publisher:Springer, May 2014
  10. 官能評価活用ノウハウ〜感覚の定量化・数値化手法〜:ウェーブレットによる聴感印象と物理解析の関連づけ,技術情報協会,pp.490-504,2014年6月
  11. 人間工学ノート 石光俊介,佐藤秀紀,2015年4月
  12. Sensors for Everyday Life: Frame-by-Frame Speech Signal Processing and Recognition for FPGA Devices , pp.87-102 ISBN 978-3-319-47319-2 ,Hard cover, Edited by: Postolache, O.A., Mukhopadhyay, S.C., Jayasundera, K.P., Swain, A.K. (Eds.) Publisher:Springer, December 2016
  13. 人間工学の基礎(1)〜人間工学序論・人間工学のアプローチ〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第1号,養賢堂, pp.55-60 2017年1月
  14. 人間工学の基礎(2)〜人体の仕組み その1〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第2号,養賢堂, pp.153-158 2017年2月
  15. 人間工学の基礎(3)〜人体の仕組み その2〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第3号,養賢堂, pp.259-263 2017年3月
  16. 人間工学の基礎(4)〜人間の形態・運動機能特性と設計 その1〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第4号,養賢堂,pp.317-323 2017年4月
  17. 人間工学の基礎(5)〜人間の形態・運動機能特性と設計 その2〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第5号,養賢堂,pp.417-423 2017年5月
  18. 人間工学の基礎(6)〜人間の感覚・反応特性と設計 その1〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第6号,養賢堂,pp.523-530 2017年6月
  19. 人間工学の基礎(7)〜人間の感覚・反応特性と設計 その2〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第7号,養賢堂,pp.595-600 2017年7月
  20. 人間工学の基礎(8)〜 ヒューマンエラーと信頼設計 その1〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第8号,養賢堂,pp.686-690 2017年8月
  21. 人間工学の基礎(9)〜 ヒューマンエラーと信頼設計 その2〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第9号,養賢堂,pp.788-792 2017年9月
  22. 人間工学の基礎(10)〜 官能評価と感性工学 〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第10号,養賢堂,pp.884-889 2017年10月
  23. 人間工学の基礎(11)〜 自動車と人間工学〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第11号,養賢堂,pp.949-954 2017年11月
  24. 人間工学の基礎(12)〜 高齢者・障害者と人間工学/ユニバーサルデザイン 〜,石光俊介, 佐藤秀紀 機械の研究,第69巻第12号,養賢堂,pp.1041-1048 2017年12月>
  25. 人間工学の基礎,石光俊介, 佐藤秀紀 養賢堂 ISBN978-4-8425-0569-5 2018年8月

論文発表 (過去5年間)


  1. EXPERIMENTAL STUDY OF PHARYNGEAL TONSIL:A RESONANCE MODEL KOHEI KABASHIMA,SHUNSUKE ISHIMITSU,SATOSHI IIJIMA,MASASHI NAKAYAMA,YUKI FUKUDA,SHOHEI KOMATSU,KAZUTAKA KASAI,KAORI ISHII AND SATOSHI HORIHATA ICIC Express Letters Part B:Applications Volume 9, Number 12,pp.1257-1263, December 2018
  2. Tongue habit discrimination system using acoustical feature for oral habits improvement Masashi Nakayama,Shunsuke Ishimitsu,Kimiko Yamashita,Kaori Ishii,Kazutaka Kasai,Satoshi Horihata Electronics and Communications in Japan,Volume 101,Issue 8,pp.1-7,August 2018
  3. ACTIVE NOISE CONTROL WITH MULTIPLE ADAPTIVE FILTER FOR SINGLE COMPONENT IN A ACCELERATION Yoshihiro Aramaki,Shunsuke Ishimitsu,Kenta Murai,Kazuki Yoshida,Toshihisa Takaki,Takanori Chino,Kenta Suzuki ICIC Express Letters An International Journal of Research and Surveys,Volume 12,Number 6,pp.545-550,June 2018
  4. COMMAND FILTERED-X LMS ALGORITHM AND ITS APPLICATION TO CAR INTERIOR NOISE FOR SOUND QUALITY CONTROL,NAOAKI SHIBATANI,SHUNSUKE ISHIMITSU AND MANABU YAMAMOTO,International Journal of Innovative Computing, Information and Control(IJICIC) Volume 14,Number 2,pp.647-656, April 2018
  5. INFLUENCE OF THE LOMBARD EFFECT,FLETCHER EFFECT AND BAND-EMPHASIZED AUDITORY FEEDBACK ON SINGING VOICE,Satoshi Iijima,Shunsuke Ishimitsu,Masashi Nakayama,ICIC Express Letters Part B:Applications Volume 9,Number 4,pp.331-338, April 2018
  6. 発声機能障害者自身の声を用いた音声コミュニケーションシステム,石光俊介,日本音響学会誌 74 巻 3 号(2018),pp. 148ー155,2018年3月
  7. EFFECTS OF ACTIVE CONTROL OF NOISE WITH MUSIC ON SUBJECTIVE AUDITORY IMPRESSION AND BRAIN ACTIVITY,Sakiko Tatsukami,Shunsuke Ishimitsu,Yoshiharu Soeta,Seiji Nakagawa, ICIC Express Letters Part B:Applications Volume 9, Number 3,pp.195-201, March 2018
  8. 口腔習癖改善のための音響特徴量を用いた舌癖識別システム,中山仁史, 石光俊介, 山下公子, 石井かおり, 葛西一貴, 堀畑聡, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol. 138, No. 3, March 2018.
  9. Possible mechanisms of cochlear two-tone suppression represented by vector subtraction within a model, Yasuki Murakami and Shunsuke Ishimitsu, Acoustical Science and Technology, 39 巻 (2018) 1 号 p. 11-21,2018.
  10. Effects of masking noise in auditory feedback on singing / Satoshi Iijima, Shunsuke Ishimitsu and Masashi Nakayama/International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC)-Volume 13,Number 2,591-603,April 2017
  11. 高齢者見守りのための音情報を用いた転倒識別に関する研究  中山 仁史,石光 俊介,中西 良太,坂野 史歩,空田 卓也,前田 夕貴  /日本機械学会論文集 Vol.82(2016),No.844, pp.16-00151 2016年12月
  12. COMPARISONS OF CONTEXT-DEPENDENT SUB-WORD TRANSFER FUNCTIONS FOR THE SPEECH SUPPORT SYSTEM /Yibing Cheng, Masashi Nakayama and Shunsuke Ishimitsu/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.7,No. 9,pp.2007-2012, September 2016
  13. STUDY OF NOISE-REDUCTION TECHNIQUE USING AIR PRESSURE CHANGES GENERATED BY A LINEAR MOTOR /Ayato Yamamoto, Shunsuke Ishimitsu, Yoshihiro Aramaki, Daisuke Tanaka and Naoki Shibatani/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.7,No. 9,pp.1911-1916, September 2016
  14. Novel Gradient-Adaptive Algorithm with Improved Convergence Property for Vehicle Noise Attenuation /Jie Ren and Shunsuke Ishimitsu/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.7,No. 7,pp.1615-1619, July 2016
  15. COMPARISON OF VOCAL TRACT AREA FUNCTION ESTIMATED FROM AUDIO SIGNAL AND MRI ANALYSIS /Megumi Saito,Shunsuke Ishimitsu,Kazutaka Kasai,Kaori Ishii,Izumi Nishio,Kimiko Yamashita and Satoshi Horihata/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.7,No. 6,pp.1201-1205, June 2016
  16. Living Support System Consisting of IC Card Interface and Embedded System Masashi Nakayama, Mitsuaki Abe, Yusuke Amino and Shunsuke Ishimitsu/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.7,No. 3,pp.505-512, March 2016
  17. 体内伝導音のサブワード単位線形予測による音質明瞭化と調音素性分析を用いた評価 福井 和敏, 石光 俊介, 名越 隼人, 山中 貴弘,日本感性工学会論文誌,第15号1号, 特集「第17回大会」pp.127-134 2016年2月
  18. Input level dependence of distortion products generated by saturating feedback in a cochlear model Yasuki Murakami and Shunsuke Ishimitsu, Acoustical Science and Technology, Vol. 37 (2016) No. 1 P 1-9, January, 2016
  19. EFFECTS OF HIGH-PASS FILTERED AND PITCH-SHIFTED AUDITORY FEEDBACK ON A SINGER'S PITCH /Satoshi Iijima,Sho Seikoba,Shunsuke Ishimitsu,Masashi Nakayama/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.6,No.12,pp.3285-3289,Decemberl 2015
  20. Multiple Phase-Corrected Filtered-Error LMS Algorithm and Its Application to The Active Control of Ship Interior Noise Noki SHibatani,Shunsuke Ishimitsu/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.6,No.4,pp.943-949,April 2015
  21. A Vibration-Signaling Device for Individuals with Hearing Impairment Daisuke Iwase,Shunsuke Ishimitsu/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.6,No.4,pp.1069-1074,April 2015
  22. Analysis of Ship Interior Noise Using an Instantaneous Correlation Function Based on Wavelets Kodai Murakoshi,Shunsuke Ishimitsu,Kensuke Fujinoki/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.5,No.2,pp.589-594,April 2014
  23. Study of Improving Sound Quality in Support System for Speech Impaired Takahiro Yamanaka,Shunsuke Ishimitsu,Kazutoshi Fukui/ICIC EXPRESS LETTERS,PartB:Applications Vol.5,No.2,pp.595-600,April 2014
  24. 脳磁界計測による自動車加速音評価 石光俊介 /騒音制御工学会 The Journal of the INCE of Japan,Vol.37,No.4,pp.188-191,2013年8月
  25. Triangular Biorthogonal Wavelets with Extended Lifting Kensuke Fujinoki,Shunsuke Ishimitsu/International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing, Vol.11, No.4, pp.1-24, July 2013
  26. Relationship between Psychologically Estimated Cochlear Input-Output functions and Physiological Functions Yasuki Murakami, Shunsuke Ishimitsu / ICIC Express Letters An International Journal of Research and Surveys, Vol.7, No.6, pp.1737-1742, June,2013
  27. Evaluation of Auditory Impression of Music Using Brain Activity  Seiji Nakagawa,Yohei Kanemoto,Yoshiharu Soeta and Shunsuke Ishimitsu / ICIC Express Letters An International Journal of Research and Surveys, Vol.7, No.5, pp.1545-1550, May,2013
  28. 自動車加速エンジン音に対する聴感印象と大脳皮質活動の関係に関する検討 石光俊介,高見健二, 添田喜治,中川誠司 /計測自動制御学会論文集 VOL.49(2013),No.3,pp.394-401,2013年3月

国際会議発表(過去5年間)

  1. Effect of Sound Design by Passive Noise Control on Auditory Impression Kenta Murai, Shunsuke Ishimitsu, Ryosuke Ishii Proceedings of 47th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering(inter-noise2018) No.1502 8pages, CHICAGO, USA, August 26-29, 2018
  2. Analysis of Auditory Impression of Getting into a Car Natsuki Yamagiwa, Shunsuke Ishimitsu, Yuki Date Proceedings of 47th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering(inter-noise2018) No.1504 7pages, CHICAGO, USA, August 26-29, 2018
  3. Active Sound Quality Control for Subjective Preference Kenta Murai, Shunsuke Ishimitsu 47th Proceedings of 47th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering(inter-noise2018) No.1981 9pages, CHICAGO, USA, August 26-29, 2018
  4. Improvement of Heart Rate variability Analysis for Sound Design Yuki Date*, Shunsuke Ishimitsu and Natsuki Yamagiwa,13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018) , Sound System and Applications, Lianyungang, China, 20-23 August 2018
  5. Experimental Study of the Pharyngeal Tonsil: A Resonance Model Kohei Kabashima*, Shunsuke Ishimitsu, Satoshi Iijima, Masashi Nakayama, Yuki Fukuda, Shohei Komatsu, Kazutaka Kasai, Kaori Ishii and Satoshi Horihata, 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018) , Sound System and Applications, Lianyungang, China, 20-23 August 2018
  6. Objective Evaluation of Sound Quality for Audio System in Car Arimasa Kanda*, Shunsuke Ishimitsu, Koji Wakamatsu, Masanori Nakashima and Hiroshi Yamanaka, 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018) , Sound System and Applications, Lianyungang, China, 20-23 August 2018
  7. Effects of Gaze Angle on Vocalization Satoshi Iijima*, Shunsuke Ishimitsu and Masashi Nakayama, 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018) , Sound System and Applications, Lianyungang, China, 20-23 August 2018
  8. Body-Conducted Speech Recognition Using Model Adaptation Masashi Nakayama*, Satoshi Iijima and Shunsuke Ishimitsu, 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018) , Sound System and Applications, Lianyungang, China, 20-23 August 2018
  9. An Early Detection System to Find Respiratory Diseases for Pigs with Body-Conducted Sound Yibing Cheng*, Kenta Narusawa, Satoshi Iijima, Masashi Nakayama, Shunsuke Ishimitsu, Aiko Ishida and Osamu Mikami, 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018) , Sound System and Applications, Lianyungang, China, 20-23 August 2018
  10. FUNDAMENTAL RESEARCH OF AN EARLY DETECTIVE RESPIRATORY SYSTEM FOR FINDING PIG DISEASE Cheng Yibing,Kenta Narusawa,Satoshi Iijima,Masashi Nakayama,Shunsuke Ishimitsu,Aiko Ishida,Osamu Mikami,25th International Congress on Sound and Vibration 8-12 July 2018 HIROSHIMA CALLING,4 pages
  11. DEVELOPMENT OF A RESPIRATORY DISEASE DETECTION SYSTEM FOR LIVESTOCK USING BODY-CONDUCTED SOUND Kenta Narusawa,Cheng Yibing,Shunsuke Ishimitsu,Satoshi Iijima,25th International Congress on Sound and Vibration 8-12 July 2018 HIROSHIMA CALLING,5 pages
  12. STUDY OF SOUND QUALITY EVALUATION FOCUSED ON EFFECTS FROM DIFFERENCE OF MEDIA TO PLAYING SYSTEM Yuki Fukuda,Shunsuke Ishimitsu,25th International Congress on Sound and Vibration 8-12 July 2018 HIROSHIMA CALLING,8 pages
  13. RELATIONSHIPS BETWEEN AUDITORY IMPRESSIONS AND INITIAL SOUNDS FOR DRIVING A CAR Natsuki Yamagiwa,Shunsuke Ishimitsu,Yuki Date,25th International Congress on Sound and Vibration 8-12 July 2018 HIROSHIMA CALLING,6 pages
  14. STUDY OF PHARYNGEAL TONSIL HYPERTROPHY DETECTION BY USING PHONETIC SOUND Kohei Kabashima,Masashi Nakayama,Shunsuke Ishimitsu,25th International Congress on Sound and Vibration 8-12 July 2018 HIROSHIMA CALLING,5 pages
  15. PASSIVE SOUND CONTROL WITH SOUND ABSORBERS IN AUTOMOBILE Kenta Murai,Shunsuke Ishimitsu,Ryosuke Ishii,25th International Congress on Sound and Vibration 8-12 July 2018 HIROSHIMA CALLING,6 pages
  16. Study on sound design technique using HRV analysis Yuki Date,Shunsuke Ishimitsu,Natuki Yamagiwa,25th International Congress on Sound and Vibration 8-12 July 2018 HIROSHIMA CALLING,6 pages
  17. Sound quality evaluation of "clarity″in automotive speaker layout Arimasa Kanda,Shunsuke Ishimitu,Wakamatsu Koji,Nakashima Masanori,Yamanaka Hiroshi,NCSP 2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2018,Hawaii,USA,Proceeding pp.565-568,March 4-7,2018
  18. Fundamental research for an early detection system to find respiratory diseases in pigs Cheng Yibing,Kenta Narusawa,Satoshi Iijima,Masashi Nakayama,Shunsuke Ishimitsu,Aiko Ishida and Osamu Mikami,NCSP 2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2018,Hawaii,USA,Proceeding pp.510-512,March 4-7,2018
  19. Active Sound Quality Control based on Subjective Preference Shunsuke Ishimitsu, Takuma Sagawa, Tomoaki Ito, Naoaki Shibatani, Toshihisa Takagi, Kazuki Yoshida, Kenta Suzuki, Takanori Chino,SETC 2017 Small Engine Technology Conference,Jakarta,Indonesia,Small Engine Technology -Generating A Promising Future 4Pages,November 15-17,2017
  20. Parallel active control of acceleration noise Yoshihiro Aramaki, Shunsuke Ishimitsu, Kenta Murai,Kazuki Yoshida, Toshihisa Takaki, Takanori Chino, Kenta Suzuki,SETC 2017 Small Engine Technology Conference,Jakarta,Indonesia,Small Engine Technology -Generating A Promising Future 4Pages,November 15-17,2017
  21. Objective Annoyance Evaluation using Biological Signals Daisuke Tanaka,Shunsuke Ishimitsu,Aya Nakae,Takahiro Soshi,SETC 2017 Small Engine Technology Conference,Jakarta,Indonesia,Small Engine Technology -Generating A Promising Future pp.19,November 15-17,2017
  22. Active Sound Quality Control Adapted to Individual Preference Kenta Murai,Shunsuke Ishimitsu,Yoshihiro Aramaki,Toshihisa Takagi,Takanori Chino,Kazuki Yoshida,Kenta Suzuki,SETC 2017 Small Engine Technology Conference,Jakarta,Indonesia,Small Engine Technology -Generating A Promising Future pp.19,November 15-17,2017
  23. Study on Objective Evaluation Technique for Small Differences of Sound Quality Yuki Fukuda,Kenta Ueyama,Shunsuke Ishimitsu,Ryoji Higashi,Seiji Yumoto,Takashi Numanou,AES New York 2017 143rd International Convention, New York ,USA,October 18-21,2017
  24. Active Sound Quality Control Based on Individual Subjective Preference Kenta Murai,Shunsuke Ishimitu,Naoaki Shibatani,Yoshihiro Aramaki,Toshimasa Takagi,Kazuki Yoshida,Kenta Suzuki and Takanori Chino,AES 2017 International Conference on Automotive Audio,Burlingame,San Francisco,CA,USA,September 8th-10th,2017
  25. Effects of Active Control of Noise with Music on Subjective Auditory Impression and Brain Activity Sakiko Tatsukami*, Shunsuke Ishimitsu, Yoshiharu Soeta and Seiji Nakagawa,12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017) ,Sound System and Applications, Kurume City, Japan,August 28-30, 2017
  26. Basic Study of Sound Quality Control Based on Individual Preference Kenta Murai*, Shunsuke Ishimitsu, Yoshihiro Aramaki, Toshihisa Takaki Takanori Chino, Kazuki Yoshida and Kenta Suzuki,12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017) ,Sound System and Applications, Kurume City, Japan,August 28-30, 2017
  27. Active Noise Control with Multiple Adaptive Filter for Single Component in Acceleration Yoshihiro Aramaki*, Shunsuke Ishimitsu, Kenta Murai, Kazuki Yoshida Toshihisa Takaki, Takanori Chino and Kenta Suzuki,12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017) ,Sound System and Applications, Kurume City, Japan,August 28-30, 2017
  28. Objective Estimation of Pain Based on the Analysis of Biological Signals, Especially EEG Daisuke Tanaka*, Shunsuke Ishimitsu, Aya Nakae and Takahiro Soshi,12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017) ,Sound System and Applications, Kurume City, Japan,August 28-30, 2017
  29. Influence of the Lombard Effect, Fletcher Effect and Band-Emphasized Auditory Feedback on Singing Voice Satoshi Iijima*, Shunsuke Ishimitsu and Masashi Nakayama,12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017) ,Sound System and Applications, Kurume City, Japan,August 28-30, 2017
  30. SOUND QUALITY EVALUATION USING HEART RATE VARIABILITYANALYSIS Shunsuke Ishimitsu, Kento Oue, Ayato Yamamoto, Yuki Date/Proceedings of the 24th International Congress on Sound and VibrationLondon Calling, 2017, 8 pages, LONDON, 23-27 July 2017
  31. Developing feelings of excitement for the sound produced by car engines (invited) Date Yuki*, Ishimitsu Shunsuke, Yamamoto Ayato/Proceedings of the 24th International Congress on Sound and Vibration London Calling, 2017, 5 pages, LONDON, 23-27 July 2017
  32. RESEARCH OF SPEECH DISCRIMINATIONFOR TONGUE THRUST USING ZERO-CROSSING AND MELFREQUENCYCEPSTRUM COEFFICIENTS Masashi Nakayama, Shunsuke Ishimitsu/Proceedings of the 24th International Congress on Sound and Vibration London Calling, 2017, 8 pages, LONDON, 23-27 July 2017
  33. Effects of auditory feedback on singing Satoshi Iijima*, Shunsuke Ishimitsu, Masashi Nakayama/Proceedings of the 24th International Congress on Sound and Vibration London Calling, 2017, 8 pages, LONDON, 23-27 July 2017
  34. Uncomfortable loudness level on auditory-evoked responses and spontaneous activity in the auditory pathway Atsuto Shukunami, Asuka Otsuka, Shunsuke Ishimitsu,Seiji Nakagawa Proceedings of 45th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering(inter-noise2016) No.669 pp.4514-4519, HAMBURG, GERMANY, August 21-24, 2016
  35. Study of sound quality control of engine noise and its evaluation Naoaki Shibatani,Shunsuke Ishimitsu,Manabu YamamotoProceedings of 45th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering(inter-noise2016) No.374 pp.558-565, HAMBURG, GERMANY, August 21-24, 2016
  36. Comparisons of Context-Dependent Sub-Word Transfer Functions for the Speech Support System, Yibing Cheng, Masashi Nakayama and Shunsuke Ishimitsu, The proceedings of ICICIC2016,ICICIC2016-SS05-08, pp.79, August 15 - 17, 2016, Harbin, China
  37. Study of Noise-Reduction Technique Using Air Pressure Changes Generated by a Linear Motor, Ayato Yamamoto , Shunsuke Ishimitsu, Yoshihiro Aramaki, Daisuke Tanaka and Naoki Shibatani, The proceedings of ICICIC2016,ICICIC2016-SS05-07, pp.78, August 15 - 17, 2016, Harbin, China
  38. NOISE REDUCTION FOR THE HIROSHIMA PEACE MEMORIAL CEREMONY Daisuke Tanaka, Shunsuke Ishimitu/23rd International Congress on Sound & Vibration,Proceedings USB No.423,5pages,Athens,Greece 10-14 July 2016
  39. ACTIVE SOUND QUALITY CONTROL SYSTEM FOR THE ENGINE SOUND AND ITS EFFECTS ON SUBJECTIVE PREFERENCE Ayato Yamamoto, Shunsuke Ishimitsu, Takuma Sagawa, Tomoki Ito, Yoshihiro Aramaki, Daisuke Tanaka, Naoki Shibatani,Keisuke Namekawa, Toshinao Takagi, Takayuki Chino, Kazaki Yoshida, and Kenta Suzuki /23rd International Congress on Sound & Vibration,Proceedings USB No.390,6pages,Athens,Greece 10-14 July 2016
  40. INVESTIGATION OF QUANTIZATION SIZE FOR SOUND QUALITY IMPROVEMENT OF BODY-CONDUCTED SPEECH USING DIFFERENCE CALCULATION Masashi Nakayama and Shunsuke Ishimitsu/23rd International Congress on Sound & Vibration,Proceedings USB No.380,6pages,Athens,Greece 10-14 July 2016
  41. EFFECTS OF STIMULUS INTENSITY ON AUDITORYEVOKED RESPONSES AND SPONTANEOUS ACTIVITY IN AUDITORY PATHWAY Atsuto Shukunami ,Shunsuke Ishimitsu,Asuka Otsuka and Seiji Nakagawa/23rd International Congress on Sound & Vibration,Proceedings USB No.368,7pages,Athens,Greece 10-14 July 2016
  42. Study on Multichannel Active Sound Quality Control paid attention to order components T.Sagawa, S.Ishimitsu, A.Yamamoto, Y.Aramaki, T.Ito K. Namekawa, T. Takagi, T. Chino, K. Yoshida and K. Suzuki,RISP International Workshop on Nonlinear Circuits,Communications and Signal Processing 2016 8PM1-4-2-1.pdf,pp.471-474,March 6-9,2016,Honolulu,Hawaii,USA
  43. Frame-by-frame speech recognition as hardware decoding on FPGA devices Masashi Nakayama1, Naoki Shigekawa, Takashi Yokouchi and Shunsuke Ishimitsu,The 9th International Conference on Sensing Technology 1570180701.pdf,pp.860-863,December 8-10,2015,Auckland,New Zealand
  44. Effects of High-Pass Filtered and Pitch-Shifted Auditory Feedback on a Singer’s Pitch Satoshi Iijima*, Sho Seikoba, Shunsuke Ishimitsu and Masashi Nakayama, The proceedings of ICICIC2015,ICICIC2015-007, pp.116, August 20 - 22, 2015, Dalian, China
  45. Comparison of Vocal Tract Area Function Estimated from Audio Signal and MRI Analysis Megumi Saito*, Shunsuke Ishimitsu, Kazutaka Kasai, Kaori Ishii, Izumi Nishio Kimiko Yamashita and Satoshi Horihata, The proceedings of ICICIC2015,ICICIC2015-008, pp.117, August 20 - 22, 2015, Dalian, China
  46. Evaluating Emotional Responses to Sound Impressions Using Heart Rate Variability Analysis of Heart Sounds, Kento Oue* and Shunsuke Ishimitsu, The proceedings of ICICIC2015,ICICIC2015-009, pp.117, August 20 - 22, 2015, Dalian, China
  47. Novel Gradient-Adaptive Algorithm with Improved Convergence Property for Vehicle Noise Attenuation Jie Ren* and Shunsuke Ishimitsu, The proceedings of ICICIC2015,ICICIC2015-013, pp.118, August 20 - 22, 2015, Dalian, China
  48. Living Support System Consisting of IC Card Interface and Embedded System, Masashi Nakayama*, Mitsuaki Abe, Yusuke Amino and Shunsuke Ishimitsu, The proceedings of ICICIC2015,ICICIC2015-049, pp.207, August 20 - 22, 2015, Dalian, China
  49. A STUDY ON SOUND QUALITY EVALUATION USING HEART RATE VARIABILITY ANALYSIS K. Oue, S. Ishimitsu, M. Nakayama The Proceedings of the 22nd International Congress on Sound and Vibration 470(Invited), 5 pages, Florence, Italy, from 12 to 16 July 2015.
  50. IMPROVEMENT OF BODY-CONDUCTED SPEECH SOUND QUALITY USING THE ACCELERATION DIFFERENCE - EVALUATION BY A WORD INTELLIGIBILITY TEST - M. Nakayama, A. Kajino. S. Nakagawa and S. Ishimitsu The Proceedings of the 22nd International Congress on Sound and Vibration 499 5 Pages, Florence, Italy, from 12 to 16 July 2015.
  51. EFFECTS OF AUDITORY FEEDBACK ON A SINGER’S PITCH S. Iijima, S. Seikoba, S. Ishimitsu, M. Nakayama The Proceedings of the 22nd International Congress on Sound and Vibration 913(Invited) 5 Pages, Florence, Italy, from 12 to 16 July 2015.
  52. Improvement of body-conducted speech recognition using model estimation Masashi Nakayama,Shunsuke Ishimitsu,Satoshi Nakatani/inter-noise 2014 Proceedings of 43rd International Congress on Noise Control Engineering,Proceedings USB No.444 4pages,Melbourne,Australia,16-19 November 2014
  53. Effects of active noise control on subjective annoyance and cortical neural activities for car engine noise Tomoki Ito,Shunsuke Ishimitsu Seiji Nakagawa/inter-noise 2014 Proceedings of 43rd International Congress on Noise Control Engineering,Proceedings USB No.734 7pages,Melbourne,Australia,16-19 November 2014
  54. CONSTRUCTION OF SUPPORT SYSTEM FOR SPEECH IMPAIRED USING BODY-CONDUCTED SPEECH RECOGNITION S.Ishimitsu,T.Yamanaka,M.Saito,K.Fukui/Forum Acusticum 2014,CDROM Regular Session R20D-1 6pages,Krakow-Poland,7-12 September,2014
  55. Articulatory feature analysis of tongue-thrust swallowing habit M.Saito,S.Ishimitsu,T.Yamanaka/Forum Acusticum 2014,CDROM Regular Session R20D-2 5pages,Krakow-Poland,7-12 September,2014
  56. A Model for Difference Between Two-Suppression and Distortion Product in The Basilar Membrane Yasuki Murakami, Shunsuke Ishimitu・@/The Proceedings of The 21th International Congress on Sound and Vibration, CDROM paper number811, 8 pages, July 13-17, 2014, Beijing, China
  57. Construction of A Speech Support System:Sound Quality Evaluation M.Saito, S.Ishimitu, T.Yamanaka, K.Fukui /The Proceedings of The 21th International Congress on Sound and Vibration, CDROM paper number160, 7 pages, July 13-17, 2014, Beijing, China
  58. Instantaneous Correlation Analysis Based on Real-Signal Wavelets Shunsuke Ishimitu, Kodai Murakoshi /The Proceedings of The 21th International Congress on Sound and Vibration, CDROM paper number157, 8 pages, July 13-17, 2014, Beijing, China
  59. Modeling Two-tone Suppression and Distortion Product on Basilar Membrane Yasuki Murakami,Shunsuke Ishimitu/Mechanics of hearing 12th internatonal workshop,pp.469-473,June 23-29,2014,Cape Sounio,Greece
  60. Multiple Phase-Corrected Filtered-Error LMS Algorithm and Its Application to the Active Control of Ship Interior Noise Naoaki Shibata,Shunsuke Ishimitsu / The Ninth International Conference on Innovative Computing, Information and Control, Busan, Koria, June 15-18, 2014
  61. A Vibration-Signaling Device for Individuals with Hearing Impairment Daisuke Iwase,Shunsuke Ishimitsu / The Ninth International Conference on Innovative Computing, Information and Control, Busan, Koria, June 15-18, 2014
  62. Active Control of Noise Using Virtual Microphones Shunsuke Ishimitsu,Takeshi Ueganiwa/ISMT2013 Symposium Proceedings,pp.65-68,October 22-25,2013,Busan,Korea
  63. Singular Point Detection Using Wavelets for Ship Interior Noise Kodai Murakoshi,Shunsuke Ishimitsu,Kensuke Fujinoki/ISMT2013 Symposium Proceedings,pp.72-76,October 22-25,2013,Busan,Korea
  64. Study on Active Noise Control of Ship Interior Noise Katsuya Kida,Shunsuke Ishimitsu,Yosuke Nakamura/ISMT2013 Symposium Proceedings,pp.69-71,October 22-25,2013,Busan,Korea
  65. A vibration signaling system for support of the hearing-impaired Daisuke Iwase,Shunsuke Ishimitsu/2013 IEEE 2nd Global Conference on Consumer Electronics USB,pp.19-20,October 1-4,2013,Tokyo,Japan IEEE GCCE 2013 Student Paper Award
  66. Correlation Analysis of Time-Varying Signals Using Wavelets Kodai Murakoshi,Shunsuke Ishimitsu,Kensuke Fujinoki/2013 IEEE 2nd Global Conference on Consumer Electronics USB,pp50-54,October1-4,2013,Tokyo,Japan
  67. Analysis of Ship Interior Noise Using an Instantaneous Correlation Function Based on Wavelets Kodai Murakoshi,Shunsuke Ishimitsu,Kensuke Fujinoki/The Proceedings of Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control,September 2013
  68. Study of Improving Sound Quality in Support System for Speech Impaired Takahiro Yamanaka,Shunsuke Ishimitsu,Kazutoshi Fukui/The Proceedings of Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control,September 2013
  69. Uncomfortable Level Estimation for Audible Alarm Using Brain Magnetic Field Atsuto Shukunami,Asuka Otsuka,Shunsuke Ishimitsu,Seiji Nakagawa/inter-noise 2013 Noise Control for quality of life,2013 September 15-18 Innsbruck,Austria,Proceedings CDROM No.457 6pages
  70. Speech Support System Using Body-conducted Speech For disorders And Its Evaluation Kazutoshi Fukui,Shunsuke Ishimitsu,Hayato Nagoshi,Takahiro Yamanaka,Seiji Nakagawa,Takayuki Kagomiya /CUTTING EDGE LARYNGOLOGY 2013,June17-19,2013,London,UK
  71. Two-Tone Suppression Based on Somatic Motility of the Outer Hair Cell with a Cochlear Model ○Yasuki Murakami,Shunsuke Ishimitsu /ARO 36th Annual MidWinter Meeting Vol36,No.1049,pp.507,February16-20,2013,Baltimore, Maryland, USA

技術報告 (過去5年間)


  1. 人の聴感特性を考慮した音質の評価尺度について 石光俊介/日本騒音制御工学会誌「騒音制御」Vol41.No4.Q&Aページ
  2. 加速音質制御システムの開発 石光俊介/スズキ財団ニュースNo.44 pp.28-pp.29(2017年8月) 
  3. Fletcher効果,Lombard効果及び高域強調フィードバックが歌声に与える影響 飯島聡志,石光俊介,中山仁史 /電子情報通信学会技術研究報告 IEICE Technical Report EA2016-82-EA2016-146 応用音響 pp.135-140(2017年3月1日(水)〜3月2日(木) 沖縄産業支援センター)
  4. 聴覚フィードバックに着目した歌唱訓練システムの構築 飯島聡志 /サウンド 第32号 pp.19-21(2017年1月)
  5. 聴覚反応のレベル依存特性に基づく不快レベルの客観推定に関する検討 宿南篤人,大塚明香,石光俊介,中川誠司 /統計数理研究所共同研究リポート359 「非侵襲生体信号の解析・モデル化技術とその周辺(3)」pp.79-85(2016年3月)
  6. 聴覚反応のレベル依存特性に基づく不快レベルの客観推定に関する検討 宿南篤人,大塚明香,石光俊介,中川誠司 /電子情報通信学会技術研究報告「MEとバイオサイバネティックス」MBE2015-27 pp.11-15 (2015年9月24日(木)長岡技術科学大学)
  7. 脳磁界反応を用いた不快音圧推定に関する基礎的検討 宿南篤人,大塚明香,石光俊介,中川誠司 /日本音響学会聴覚研究会資料、Vol.44 No.4 H-2014-34 pp.189-193(2014年5月30日(金)同志社大学京田辺キャンパス)
  8. Feedback from outer hair cells generates distortion product on basilar membrane Yasuki Murakami,Shunsuke Ishimitsu /日本音響学会聴覚研究会資料、Vol.44 No.4 H-2014-32 pp.177-182(2014年5月30日(金)同志社大学京田辺キャンパス)
  9. 脳磁界反応を用いた不快音圧推定のための基礎検討 宿南篤人,石光俊介,大塚明香,中川誠司 /統計数理研究所共同研究レポート310 「非侵襲生体信号の解析・モデル化技術とその周辺」 pp.21-26(2013年12月6(金)〜12月7日(土)統計数理研究所 ) )
  10. 特別講演 体内伝導音を利用した発声障害者支援システムの開発 〇石光俊介 /統計数理研究所共同研究レポート291 「医学・工学における逆問題とその周辺(4)」 pp.20-24 (2012年11月30(金)〜12月1日(土)統計数理研究所)
  11. 結晶構造の定式化を用いたウェーブレットの構成と応用 ○藤ノ木健介,石光俊介 /統計数理研究所共同研究レポート291 「医学・工学における逆問題とその周辺(4)」 pp.68-72 (2012年11月30(金)〜12月1日(土)統計数理研究所)
  12. 聴覚抹消系での非線形現象の解明のためのモデルの提案 ○村上泰樹,石光俊介 /統計数理研究所共同研究レポート「医学・工学における逆問題とその周辺(4)」291 pp.25-28 (2012年11月30(金)〜12月1日(土)統計数理研究所)
  13. ICSV19(International Congress on Sound and Vebration) ○石光俊介 /日本機械学会 第95回振動・音響研究会(VS研究会) 第20回音響エネルギー研究会 共催 (2013年2月8日(金)広島国際学院大学 袋町キャンパス)
  14. 3角形ウェーブレットを用いた過渡音の音質自動評価に関する研究 ○藤ノ木健介 /日本機械学会 第95回振動・音響研究会(VS研究会) 第20回音響エネルギー研究会 共催 (2013年2月8日(金)広島国際学院大学 袋町キャンパス)
  15. ウェーブレットの特徴量を用いたボタン押し音の音質評価に関する研究 ○藤ノ木健介,村越広大,石光俊介 /日本音響学会騒音・振動研究会資料番号N-2013-02(2013年1月30日(水)広島市立大学)
  16. 心理学的に推定される聴覚系の入出力特性の生理学的メカニズム ○村上泰樹,石光俊介 /日本音響学会騒音・振動研究会資料番号N-2013-03(2013年1月30日(水)広島市立大学)

外部資金(過去5年間)

  1. 革新的技術開発・緊急展開事業 AIを活用した家畜疾病の早期発見技術の開発,2017-2019
  2. スズキ財団 2016-2017年
  3. 新産業創出研究会公募,”船舶を対象とした新騒音規制対策のための適応騒音制御装置の開発",2015-2016年
  4. 科学研究費(挑戦的萌芽研究),”聴覚障がい者の発声支援のための振動フィードバックシステムの開発 ” 課題番号26560309, 2014-2017年
  5. 科学研究費(基盤研究B),”発声機能障害者支援システムの小型化実用検討” 課題番号25282178, 2013-2016年
  6. スズキ財団海外研修助成(リトアニア)2012年
  7. サタケ技術振興財団 2012年
  8. 笹川研究助成 藤ノ木 2012年
  9. 電気通信普及財団海外渡航 村上 (Helsinki)2012年
  10. 科学研究費(基盤研究B)”発声機能障害者のための音声復帰システムの開発” 課題番号213002091, 2009-2013年

口頭発表(過去5年間)


  1. カーオーディオにおける明瞭度の定量評価指標の開発 ○神田有正, 石光俊介 (広島市大院), △若松功二, 中島正典, △山中尋詞 (マツダ) 日本音響学会 2018年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-3-3 pp.1351-1354 2018年9月12日(水)〜14日(金)(大分大学 旦野原キャンパス)
  2. 車室内における吸音制御が与える聴感印象評価 ○村井 研太, 石光 俊介 (広島市大院), △山口 雄三, △野口 泰三 (株式会社ヒロタニ) 日本音響学会 2018年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-8-8 pp.523-526  2018年9月12日(水)〜14日(金)(大分大学 旦野原キャンパス)
  3. メディアの違いが再生系に及ぼす影響に着目した音質評価手法の検討 ○福田祐樹, 石光俊介 (広島市大院), △沼能隆, △湯本誠司, △東良治 (メモリーテック) 日本音響学会 2018年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-Q-20 pp.425-428  2018年9月12日(水)〜14日(金)(大分大学 旦野原キャンパス)
  4. 意図と聴覚の印象の一致に関する検討 ○山際納月, 石光俊介, 伊達佑希 (広島市大院) 日本音響学会 2018年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 2-3-8 pp.1291-1294 (2018年9月12日(水)〜14日(金)(大分大学 旦野原キャンパス)
  5. 家畜の罹患早期発見システムの開発 成澤健太,成亦兵,石光俊介,中山仁史,飯島聡志(広島市大院),三上修,井上寛暁,石田藍子(農研機構) AIを活用した呼吸器病・消化器病・周産期疾病の早期発見技術の開発 第1回研究推進会議 (2018年7月26日(木)(帯広信用金庫中央支店 セミナールーム))
  6. 自動車の乗車シーンにおける一連動作が与える聴感印象の解析 ○山際納月,石光俊介,伊達佑希(広島市大) 日本音響学会 2018年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 2-P-10 pp.677-678(2018年3月13日(火)〜15日(木)(日本工業大学 宮代キャンパス)
  7. 音声入力による咽頭扁桃肥大罹患検出システムに対する性能評価 ☆椛島康平(広島市大),中山仁史,石光俊介(広島市大院),△小松昌平,△葛西一貴,堀畑聡(日大/松戸歯) 日本音響学会 2018年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-Q-47 pp.325-326(2018年3月13日(火)〜15日(木)(日本工業大学 宮代キャンパス)
  8. 能動騒音制御が聴覚誘発脳磁界N1mへ及ぼす影響‐注意条件/非注意条件の比較‐ ☆立神早季子(広島市大院/産総研),添田喜治(産総研),石光俊介(広島市大院),中川誠司(千葉大/産総研) 日本音響学会 2018年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-P-50 pp.651-654(2018年3月13日(火)〜15日(木)(日本工業大学 宮代キャンパス)
  9. 家畜の音声・体内伝導音による呼吸器病発見に関する基礎検討 ◎成亦兵(広島市大院),成澤健太(広島市大),飯島聡志,中山仁史,石光俊介(広島市大院),石田藍子,三上修(農研機構) 日本音響学会 2018年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-P-39 pp.619-620(2018年3月13日(火)〜15日(木)(日本工業大学 宮代キャンパス)
  10. サウンドデザインのための心拍変動検出手法の検討 ☆伊達佑希,石光俊介(広島市立大学大学院) 日本音響学会 2018年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-P-29 pp.589-590(2018年3月13日(火)〜15日(木)(日本工業大学 宮代キャンパス)
  11. 車内音場のスピーカ位置が与える明瞭度評価の検討 ○神田有正,石光俊介(広島市大院),△若松功二,中村正典,△山中尋詞(マツダ) 日本音響学会 2018年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-P-8 pp.529-530(2018年3月13日(火)〜15日(木)(日本工業大学 宮代キャンパス)
  12. オーディオ環境における僅かな音質差の客観的評価手法の検討 ☆福田 祐樹,△上山 健太(広島市大),石光 俊介(広島市大院),△東 良次,△湯本 誠司,△沼能 隆(メモリーテック) 日本音響学会 2017年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 2-P-22 pp.577-580(2017年9月25日(月)〜27日(水)(愛媛大学 城北キャンパス)
  13. 咽頭扁桃肥大の検出システム構築に関する基礎検討 ☆椛島 康平(広島市大),中山 仁史,石光 俊介(広島市大院),△小松 昌平,△石井 かおり,△葛西 一貴,堀畑 聡(日大・松戸歯) 日本音響学会 2017年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-R-35 pp.243-244(2017年9月25日(月)〜27日(水)(愛媛大学 城北キャンパス)
  14. 能動騒音制御が楽音の聴感印象に及ぼす影響 ☆立神 早季子(広市大院/産総研),石光 俊介(広市大院),添田 喜治(産総研),中川 誠司(千葉大/産総研) 日本音響学会 2017年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-P-35 pp.737-738(2017年9月25日(月)〜27日(水)(愛媛大学 城北キャンパス)
  15. 個々の好みに適応する音質制御システムの基礎検討 ○村井 研太,石光 俊介,荒槇 純裕(広島市大),高木 俊尚,吉田 一紀,千野 貴礼,鈴木 健太(スズキ) 日本音響学会 2017年 秋季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-1-13 pp.1331-1334(2017年9月25日(月)〜27日(水)(愛媛大学 城北キャンパス)
  16. ”ワクワク感”のサウンドデザインとその評価に関する検討 石光俊介/日本機械学会 第110回 振動・音響研究会(VS研究会)(2017年6月15日(木)マツダ株式会社)
  17. 歌唱におけるロンバード効果と高域強調フィードバックの影響 ☆飯島 聡志,石光 俊介,中山 仁史 日本音響学会 2017年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 1-Q-42 pp.327-328(2017年3月15日(水)〜17日(金)(明治大学)
  18. 能動騒音制御が騒音以外の音 の聴感印象に及ぼす影響☆立神 早季子(広島市立大学),石光 俊介(広島市立大学院),添田 喜治(産業技術総合研究所),中川 誠司(千葉大学)日本音響学会 2017年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 2-2-4 pp.809-810(2017年3月15日(水)〜17日(金)(明治大学)
  19. エンジン回転変動に対するANC 追従性能向上手法の検討☆荒槇 純裕,石光 俊介(HCU),△滑川 恵介,△高木 俊尚,△吉田 一紀,△千野 貴礼,鈴木 健太(SUZUKI) 日本音響学会 2017年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 2-2-11 pp.831-832(2017年3月15日(水)〜17日(金)(明治大学)
  20. 自動車エンジン音による運転集中度への影響に関する検討 ○山本 彩斗,石光 俊介,伊達 佑希(広島市大)  日本音響学会 2017年 春季研究発表会 講演要旨・講演論文CD-ROM 2-4-2 pp.1231-1232(2017年3月15日(水)〜17日(金)(明治大学)
  21. 適応音質制御とその感性評価 石光俊介/日本機械学会 第109回 振動・音響研究会(VS研究会)(2017年2月3日(金)広島市立大学 サテライトキャンパス)
  22. 零交差数とMFCCを用いた舌癖識別のための基礎検討 中山仁史,石光俊介,山下公子,石井かおり,葛西一貴,堀畑聡/平成28年度統計数理研究所共同研究集会 「複雑系の逆問題とその周辺」 (2016年12月9日(金)〜12月10日(土)統計数理研究所)
  23. Harmonic Command LMS アルゴリズムによるエンジン次数制限と感性評価 佐川拓磨,伊藤智基,石光俊介/平成28年度統計数理研究所共同研究集会 「複雑系の逆問題とその周辺」 (2016年12月9日(金)〜12月10日(土)統計数理研究所)
  24. 自動車エンジン音の「ワクワク感」向上に関する基礎検討 山本 彩斗,伊達 佑希,石光 俊介,荒槙 純裕,/高木 俊尚,千野 貴礼,吉田 一紀,鈴木 健太/第18回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B4-57 2pages (2016年11月19日(土)〜20日(日)山口大学 常盤キャンパス)18th IEEE HISS 最優秀プレゼンテーション賞
  25. 人の好みに応じた自動二輪車における音質制御の基礎的検討 村井 研太,石光 俊介,荒槙 純裕,/高木 俊尚,千野 貴礼,吉田 一紀,鈴木 健太/第18回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B1-14 2pages (2016年11月19日(土)〜20日(日)山口大学 常盤キャンパス)
  26. COMPARISONS OF CONTEXT-DEPENDENT SUB-WORD TRANSFER FUNCTIONS FOR THE SPEECH SUPPORT SYSTEM Cheng Yibing,Masashi Nakayama,Shunsuke Ishimitu/第18回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A4-60 3pages (2016年11月19日(土)〜20日(日)山口大学 常盤キャンパス)
  27. 聴覚障がい者のための振動呈示を用いた声量フィードバック装置の開発 室瀬 一眞,石光 俊介,中山 仁史/第18回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A4-57 2pages (2016年11月19日(土)〜20日(日)山口大学 常盤キャンパス)
  28. オーディ環境下における僅かな聴感印象差の客観的評価手法検討 上山 健太,石光 俊介,東 良次,湯本 誠司,沼能 隆/第18回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A3-37 2pages (2016年11月19日(土)〜20日(日)山口大学 常盤キャンパス)
  29. 能動制御によるエンジン回転変動に対する追従性能向上手法の検討 荒槇 純裕, 石光 俊介,滑川 恵介,高木 俊尚,吉田 一紀,千野 貴礼,鈴木 健太/第18回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A1-17 2pages(2016年11月19日(土)〜20日(日)山口大学 常盤キャンパス)
  30. 音声を用いた発音時舌位の新たな評価法の開発 山下 公子,石井 かおり,根岸 慎一,斉藤 勝彦,中山 仁史,石光 俊介,堀畑 聡,葛西 一貴/第75回日本矯正歯科学会大会(2016年11月7日(月)〜9日(水)アスティとくしま) 学術大会優秀発表賞
  31. 歌唱における聴覚フィードバックにマスキングノイズが与える影響 飯島聡志,石光俊介,中山仁史/日本音響学会 2016年秋季研究発表会 講演論文CD-ROM 3-5-4 pp.159-160(2016年9月14日(水)〜16日(金)富山大学)
  32. 零交差数とMFCCを用いた舌癖識別のための基礎検討 中山仁史,石光俊介,山下公子,石井かおり,葛西一貴,堀畑聡/日本音響学会 2016年秋季研究発表会 講演論文CD-ROM 2-5-7 pp.139-140(2016年9月14日(水)〜16日(金)富山大学)
  33. 飽和フィードバックとべき乗則が蝸牛非線形現象に与える影響 村上泰樹, 石光俊介/日本音響学会 2016年秋季研究発表会 講演論文CD-ROM 2-3-5 pp.305-308(2016年9月14日(水)〜16日(金)富山大学)
  34. Harmonic Command LMS アルゴリズムによるエンジン次数制御とその評価 佐川拓磨, 伊藤智基, 石光俊介,滑川恵介,高木俊尚,吉田一紀,鈴木健太,千野貴礼/日本音響学会 2016年秋季研究発表会 講演論文CD-ROM 1-4-4 pp.1175-1176(2016年9月14日(水)〜16日(金)富山大学)
  35. 不特定条件でも頑健な音情報のみ用いた転倒識別に関する研究 中山仁史,石光俊介, 中西良太, 坂野史歩, 空田卓也, 前田夕貴/Dynamics & Design Conference2016  No.345 11pages(2016年8月23日(火)〜26日(金) 山口大学 常盤キャンパス)
  36. 空気圧制御を用いた騒音低減手法の開発 山本彩斗,石光俊介, 荒槇純裕, 滑川恵介, 高木俊尚, 鈴木健太, 千野貴礼, 吉田一紀/Dynamics & Design Conference2016  No.322 5pages(2016年8月23日(火)〜26日(金) 山口大学 常盤キャンパス)
  37. ANCを用いた広島平和記念式典での騒音対策の基礎検討 田中大輔,石光俊介/Dynamics & Design Conference2016  No.321 7pages(2016年8月23日(火)〜26日(金) 山口大学 常盤キャンパス)
  38. 聴覚フィードバックを使った歌唱実験におけるマスキングノイズの影響 長嶺 彩加,飯島 聡志,石光 俊介,中山 仁志/日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集 3-P-49 pp.431-432(2016年3月9日(水)〜11日(金)桐蔭横浜大学)
  39. 船内騒音新規制とその対策に関する基礎的検討 石光 俊介,信末 菜摘,中村 庸介,清水 聖治,山口 伸也/日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集 3-9-10 pp.1011-1012(2016年3月9日(水)〜11日(金)桐蔭横浜大学)
  40. 歌唱における聴覚フィードバックにマスキングノイズの有無が与える影響に関する基礎検討 石光 俊介,飯島 聡志,長嶺 彩加,中山 仁史/日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集 2-2-6 pp.243-244(2016年3月9日(水)〜11日(金)桐蔭横浜大学)
  41. 広島平和記念式典における騒音対策の基礎検討 田中 大輔,石光 俊介/日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集 1-P-36 pp.745-746(2016年3月9日(水)〜11日(金)桐蔭横浜大学)
  42. 低周波数帯域を対象とした空気圧変化による騒音低減手法に関する基礎検討 山本 彩斗,石光 俊介,佐川 拓磨,荒槙 純裕,滑川 恵介,高木 俊尚,吉田 一紀/日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集 1-P-35 pp.743-744(2016年3月9日(水)〜11日(金)桐蔭横浜大学)
  43. 船内騒音規制対策のための能動騒音制御システムに関する基礎検討  信末 菜摘,石光 俊介,中村 庸介,清水 聖治,山口 伸弥/日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集 1-P-33 pp.739-740(2016年3月9日(水)〜11日(金)桐蔭横浜大学)
  44. 独居老人見守りシステムの構築のための転倒音検知手法の基礎検討 坂野 史歩,中西 良太,石光 俊介,中山  仁史,空田 卓也,前田 夕貴/日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集 1-P-21 pp.705-706(2016年3月9日(水)〜11日(金)桐蔭横浜大学)
  45. 聴覚反応のレベル依存特性に基づく不快レベルの客観推定に関する検討 宿南篤人,大塚明香,石光俊介,中川誠司/平成27年度統計数理研究所・、同研究集会 「非侵襲生体信号の解析・モデル化技術とその周辺(3)」 (2015年12月11日(金)〜12月12日(土)統計数理研究所)
  46. 船舶を対象としたANCシステムの検討 信末 菜摘,石光 俊介,清水 聖治,山口 伸弥,中村 庸介/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-72 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)
  47. 聴覚フィードバックによる歌唱音声制御の基礎検討 長嶺 彩加,飯島 聡志,石光 俊介,中山 仁史/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-72 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)
  48. 野外式典における騒音バリアに関する基礎検討 田中 大輔,石光 俊介/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-70 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)
  49. 材質の異なるCDの聴感印象の客観的評価に関する検討 田中 織絵,石光 俊介,東 良次,湯本 誠司,沼 能隆/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-76 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)17th IEEE HISS 優秀研究賞
  50. 音響信号による独居老人見守りシステムの構築 坂野 史歩,中西 良太,石光 俊介,中山 仁史,空田 卓也,前田 夕貴/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-72 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)
  51. 固定周波数を対象としたANC制御の検討 荒槇 純裕, 石光 俊介, 佐川 拓磨, 山本 彩斗,滑川 恵介,高木 俊尚,吉田  一/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-21 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)
  52. リニアモータを用いた空気圧変動による騒音低減手法 山本 彩斗, 石光 俊介, 佐川 拓磨, 荒槙 純裕,滑川 恵介,高木 俊尚,吉田 一/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-13 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学・テ島キャンパス)
  53. コインモータを用いた振動呈示による振動知覚レベルの検証 室瀬 一眞, 石光 俊介, 中山 仁史/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-73 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)
  54. 適応音質制御システムによるエンジン音快音化の検討 佐川 拓磨, 石光 俊介, 山本 彩斗, 荒槇 純裕,滑川 恵介,高木 俊尚,吉田 一紀,鈴木 健太,千野 貴礼,浜田 浩二,中野 寛規/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-11 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)17th IEEE HISS 最優秀プレゼンテーション賞
  55. 能動音質制御がエンジン音の心理的快適感に及ぼす影響 伊藤 智基, 石光 俊介, 佐川 拓磨/第17回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-10 2pages(2015年11月21日(土)〜22日(日)岡山大学津島キャンパス)17th IEEE HISS優秀プレゼンテーション賞
  56. 差分計算を用いた骨伝導音の明瞭化における量子化サイズの検討 中山 仁史,石光 俊介/第28回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会議演論文集(BMFSA2015) E3-3,BMFSA2015-062,pp.269-270(2015年11月21日(土)〜22日(日)東海大学熊本キャンパス)
  57. 加速音制御のための高速アルゴリズムの検討 任 傑,石光 俊介/第28回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会議演論文集(BMFSA2015) J2-2,BMFSA2015-053,pp.213〜214 (2015年11月21日(土)〜22日(日)東海大学熊本キャンパス)
  58. 聴覚フィードバック実験におけるマスキング音に関する基礎検討 飯島 聡志,長嶺 彩加,石光 俊介,中山 仁史/第28回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会議演論文集(BMFSA2015) B3-2,BMFSA2015-074,pp.235〜236 (2015年11月21日(土)〜22日(日)東海大学熊本キャンパス)
  59. 加速走行時のエンジン音快音化のための適応音質制御システムの構築 佐川拓磨,石光 俊介,山本 彩斗,荒槇 純裕,滑川 恵介,高木 俊尚,吉田 一紀,鈴木 健太,千野 貴礼,浜田 浩二,中野 寛規/第58回自動制御連合講演会 プログラム・概要集CDROM  2H3-2 3pages(2015年11月14日(土)〜15日(日)神戸大学 六甲台第2キャンパス)
  60. 船舶を対象とした新騒音規制対策のための適応制御装置の開発 信末 菜摘, 石光 俊介, 清水 聖治, 山口 伸弥, 中村 庸介/第85回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集 No.323,pp.165〜166 (2015年10月26日(月)〜28日(水)富山国際会議場)
  61. 音響・振動情報を用いた独居老人見守りシステム構築の基礎検討 坂野 史歩, 中西 良太, 石光 俊介, 中山 仁史, 空田 卓也, 前田 夕貴/日本音響学会 2015年秋季研究発表会 講演論文集 1-P-19 pp.639-640(2015年9月16日(水)〜18日(金)会津大学)
  62. 自動車エンジン音のモデル化が聴感印象に及ぼす影響 伊藤 智基,石光 俊介/日本音響学会 2015年秋季研究発表会 講演論文集 1-5-14 pp.1467-1468(2015年9月16日(水)〜18日(金)会津大学)
  63. 不快音圧レベル客観推定のための基礎的検討 宿南 篤人,大塚 明香,石光 俊介,中川 誠司/第 17 回 日本感性工学会大会 USB C24_100177(2015年9月1日(火)〜3日(木)文化学園大学)
  64. 体内伝導音のサブワード単位線形予測による音質明瞭化と調音素性分析を用いた評価 福井  和敏, 石光  俊介, 名越  隼人, 山中  貴弘/ 第 17 回 日本感性工学会大会 USB A44_TJSKE-D-15-00039(2015年9月1日(火)〜3日(木)文化学園大学)
  65. 聴覚マスキングの抑圧説に外有毛細胞の飽和特性が与える影響に関する考察 村上 泰樹,石光 俊介/日本音響学会 2015年春季研究発表会 講演論文集 3-3-10 pp.477-478(2015年3月16日(月)〜18日(水)中央大学後楽園キャンパス)
  66. 聴覚フィードバックが与える音程への影響 清木場 将,飯島 聡志,石光 俊介,中山 仁史/日本音響学会 2015年春季研究発表会 講演論文集 1-Q-7 pp.691-692(2015年3月16日(月)〜18日(水)中央大学後楽園キャンパス)
  67. 聴覚路各部から生じる誘発/自発反応の刺激音圧依存性−不快レベルの客観特性のための基礎検討− 宿南 篤人,大塚 明香,石光 俊介,中川 誠司/日本音響学会 2015年春季研究発表会 講演論文集 2-Q-26 pp.535-538(2015年3月16日(月)〜18日(水)中央大学後楽園キャンパス)学生優秀発表賞
  68. 聴覚障碍者のためのコミュニケーション支援装置の開発 岩瀬 大佑,石光 俊介,中山 仁史/日本音響学会 2015年春季研究発表会 講演論文集 1-R-38 pp.363-364(2015年3月16日(月)〜18日(水)中央大学後楽園キャンパス)
  69. 心音のHRV解析を用いた聴感印象分析 大上 賢人,石光 俊介,中山 仁史/日本音響学会 2015年春季研究発表会 講演論文集 2-P-39 pp.851-852(2015年3月16日(月)〜18日(水)中央大学後楽園キャンパス)
  70. 調音素性分析を用いた舌癖音声の舌位評価に対する検討 齋藤 愛,石光 俊介,葛西 一貴,石井 かおり,西尾 泉美,山下 公子,堀畑 聡/日本音響学会 2015年春季研究発表会 講演論文集 1-R-39 pp.365-366(2015年3月16日(月)〜18日(水)中央大学後楽園キャンパス)
  71. ウェーブレット能動騒音制御アルゴリズムの検討 木田 勝也,石光 俊介/日本機械学会中国四国支部 第53期総会・講演会 講演論文集 No.155-1 CD-ROM No.513 2pages(2015年3月6日(金)近畿大学工学部)
  72. 聴覚路各部から生じる電気・磁気的反応の計測による不快レベル推定の試み 宿南 篤人,大塚 明香,石光 俊介,中川 誠司/日本機械学会中国四国支部 第53期総会・講演会 講演論文集 No.155-1 CD-ROM No.517 2pages(2015年3月6日(金)近畿大学工学部)
  73. 自動車エンジン音を対象としたマイクレス適応騒音制御の検討 森 大輝,石光 俊介,佐川 拓磨,宮本 康平/日本機械学会中国四国支部 第53期総会・講演会 講演論文集 No.155-1 CD-ROM No.512 2pages(2015年3月6日(金)近畿大学工学部)
  74. 能動騒音制御を施した自動車加速音に対する心理計測 伊藤 智基,石光 俊介/日本機械学会中国四国支部 第53期総会・講演会 講演論文集 No.155-1 CD-ROM No.515 2pages(2015年3月6日(金)近畿大学工学部)
  75. 適応騒音制御によるディーゼル車の室内こもり音低減に関する検討 宮本 康平,石光 俊介,森 大輝,佐川 拓磨,柴谷 直樹/日本機械学会中国四国支部 第53期総会・講演会 講演論文集 No.155-1 CD-ROM No.519 2pages(2015年3月6日(金)近畿大学工学部)
  76. 聴覚障がい者を対象としたコミュニケーション支援装置の開発 岩瀬大佑,石光俊介,中山仁史/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-69 2pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)
  77. 参照信号センサを必要としない舶用ANCシステムに関する検討 木田勝也,石光俊介,中山仁史/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-63 3pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)
  78. トーンバースト刺激に対する脳磁界および脳波の変化と不快レベルとの関連性 宿南篤人,大塚明香,石光俊介,中川誠司/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-58 4pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)
  79. 単気筒エンジンを対象としたセンサレス適応騒音制御検討 森大輝,石光俊介,佐川拓馬,宮本康平/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-59 2pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)16th IEEE HISS 優秀研究賞
  80. 能動制御を施した自動車エンジン音に対する心理計測と脳磁界計測 伊藤智基,石光俊介,中川誠司/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-59 3pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)16th IEEE HISS 優秀プレゼンテーション賞
  81. 心音を用いたHRV解析による音の印象評価に関する研究 大上賢人,石光俊介,高橋雄三,中山仁史/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-61 2pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)
  82. 調音素性分析を用いた舌突出癖音声の明瞭度評価に対する検討 齋藤愛,石光俊介,中山仁史,葛西一貴,石井かおり,西尾泉美,堀畑聡/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-60 3pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)
  83. 聴覚フィードバッ・Nを用いた歌唱の音・謚g張システム構築のための基礎検討 清木場将,飯島聡志,石光俊介,中山仁史/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM B-58 2pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)16th IEEE HISS 優秀プレゼンテーション賞
  84. 適応騒音制御によるディーゼルエンジン車のこもり音低減に関する検討 宮本康平,石光俊介,森大輝,佐川拓磨/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-60 2pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)16th IEEE HISS 優秀研究賞
  85. 聴覚障がい者のための声量フィードバックシステムの検討 室瀬一眞,岩瀬大佑,石光俊介,中山仁史/第16回IEEE広島支部学生シンポジウム 論文集CDROM A-70 2pages(2014年11月15日(土)〜16日(日)広島市立大学)
  86. 発声障がい者支援システムの構築 石光俊介,福井和敏,山中貴弘,齋藤愛,中山仁史 /第57回自動制御連合講演会 プログラム・概要集CDROM 1D05-5 5pages(2014年11月10日(月)〜12日(水))
  87. エンジン音を対象としたセンサレス適応騒音制御の基礎検討 森大輝,石光俊介,佐川拓馬,宮本康平 /第57回自動制御連合講演会 プログラム・概要集CDROM 3A03-5 2pages(2014年11月10日(月)〜12日(水))
  88. 参照信号センサを必要としない舶用ANCシステムに関する検討 木田勝也,石光俊介 /第57回自動制御連合講演会 プログラム・概要集CDROM 3A03-6 2pages(2014年11月10日(月)〜12日(水))
  89. 心音を用いたHRV解析による音の印象評価に関する研究 大上賢人,石光俊介,中山仁史 /第57回自動制御連合講演会 プログラム・概要集CDROM 2D08-3 2pages(2014年11月10日(月)〜12日(水))
  90. 聴覚障がい者を対象とした振動呈示装置の開発 岩瀬大佑,石光俊介,中山仁史 /第57回自動制御連合講演会 プログラム・概要集CDROM 1D05-4 2pages(2014年11月10日(月)〜12日(水))
  91. 非定常信号に対するウェーブレットを用いた瞬時相関解析 石光 俊介,村越 広大/豊橋技術科学大学ウェーブレット解析・応用研究会 第7回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ,CDROM S2-002 3pages(2014年10月2日(木)〜3日(金)豊橋技術科学大学)
  92. 能動制御を施した自動車のエンジン音の心理的不快感に対する脳磁界計測 伊藤 智基,石光 俊介,中川 誠司/日本生体磁気学会 第29回日本生体磁気学会大会論文集 Vol.27 No.1 pp.158-159(2014年5月29日(木)〜30日(金)大阪大学吹田キャンパス)
  93. 調音素性分析を用いた舌突出癖音声の明瞭度評価に対する検討 齋藤 愛,石光 俊介,山中 貴弘,葛西 一貴,石井 かおり,西尾 泉美,堀畑 聡/日本音響学会 2014年春季研究発表会 講演論文集 2-P4-20 pp.923-924(2014年3月10日(月)〜12日(水)日本大学理工学部1号館 駿河台キャンパス)
  94. 能動制御が自動車エンジン音の心理的不快感と大脳皮質活動に及ぼす影響 伊藤 智基,石光 俊介,中川 誠司/日本音響学会 2014年春季研究発表会 講演論文集 2-P5-2 pp.595-596(2014年3月10日(月)〜12日(水)日本大学理工学部1号館 駿河台キャンパス)
  95. 発声機能障がい者支援システムの構築―音質改善のための検討― 山中 貴弘,石光 俊介,福井 和敏/日本音響学会 2014年春季研究発表会 講演論文集 1-P5-1 pp.813-814(2014年3月10日(月)〜12日(水)日本大学理工学部1号館 駿河台キャンパス)
  96. ウェーブレットを用いた脳磁界反応解析 村越 広大,宿南 篤人,石光 俊介/日本音響学会 2014年春季研究発表会 講演論文集 2-P4-19 pp.921-922(2014年3月10日(月)〜12日(水)日本大学理工学部1号館 駿河台キャンパス)
  97. 放射音および室内の適応騒音制御 石光俊介/広島県音・振動技術研究会 平成25年度第4回研究会(2014年2月17日(月) 広島テクノプラザ)
  98. 脳磁界反応を用いた不快音圧推定のための基礎検討 宿南篤人,石光俊介,大塚明香,中川誠司/平成25年度統計数理研究所共同研究集会 「非侵襲生体信号の解析・モデル化技術とその周辺」 (2013年12月6日(金)〜12月7日(土)統計数理研究所)
  99. 非定常信号に対する瞬時相関解析 村越広大,石光俊介/第15回IEEE広島支部学生シンポジウム USB pp493-496(2013年11月16日(土)〜2013年11月17日(日)鳥取大学)15th IEEE HISS 優秀論文賞
  100. 発声機能障がい者支援システムの音質改善法の検討 山中貴弘,石光俊介,福井和敏/第15回IEEE広島支部学生シンポジウム USB pp430-433(2013年11月16日(土)〜2013年11月17日(日)鳥取大学)
  101. 聴覚障がい者のためのコミュニケーション支援装置の検討 岩瀬大佑,石光俊介/第15回IEEE広島支部学生シンポジウム USB pp416-417(2013年11月16日(土)〜2013年11月17日(日)鳥取大学)15th IEEE HISS 優秀論文賞
  102. 船舶ANCシステムの構築に関する検討 木田勝也,石光俊介,中村庸介/第15回IEEE広島支部学生シンポジウム USB pp418-421(2013年11月16日(土)〜2013年11月17日(日)鳥取大学)15th IEEE HISS 優秀プレゼンテーション賞
  103. 脳磁界解析を用いた不快レベルに推定に関する検討 宿南篤人,石光俊介,大塚明香,中川誠司/第15回IEEE広島支部学生シンポジウム USB pp402-403(2013年11月16日(土)〜2013年11月17日(日)鳥取大学)15th IEEE HISS 優秀プレゼンテーション賞
  104. エンジン次数成分に着目した適応制御の高速化に関する検討 森大輝,上鹿庭健浩,石光俊介,滑川恵介,高木俊尚,吉田一紀,鈴木健太,千野貴礼/第15回IEEE広島支部学生シンポジウム USB pp428-429(2013年11月16日(土)〜2013年11月17日(日)鳥取大学)
  105. タブレットによる発声機能障がい者支援システムの開発 齋藤愛,藤井美奈,石光俊介/第15回IEEE広島支部学生シンポジウム USB pp449-450(2013年11月16日(土)〜2013年11月17日(日)鳥取大学)
  106. ウェーブレット変換による船内騒音の特徴抽出 村越広大,石光俊介,藤ノ木健介/第83回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集 No.309,pp.73〜74 (2013年9月2日(月)〜4日(水) グランシップ静岡)
  107. 船内騒音規制に対するアクティブ騒音制御システムに関する検討 木田勝也,石光俊介,中村庸介/第83回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集 No.314,pp.83〜84 (2013年9月2日(月)〜4日(水) グランシップ静岡)
  108. ウェーブレット変換に基づいた瞬時相関関数による船内騒音解析 村越広大,石光俊介,藤ノ木健介/Dynamics & Design Conference2013 USB論文集 No.316 7pages(2013年8月26日(月)〜30日(金) 九州産業大学)
  109. 発声機能障がい者支援システムの音質改善に関する検討 山中貴弘,石光俊介,福井和敏/Dynamics & Design Conference2013 USB論文集 No.423 6pages(2013年8月26日(月)〜30日(金) 九州産業大学)
  110. 触覚を用いた聴覚障がい者支援システムの基礎検討 岩瀬大佑,石光俊介/Dynamics & Design Conference2013 USB論文集 No.428 6pages(2013年8月26日(月)〜30日(金) 九州産業大学)
  111. 船内騒音規制対策のための能動騒音制御 木田勝也,石光俊介,中村庸介/Dynamics & Design Conference2013 USB論文集 No.349 6pages(2013年8月26日(月)〜30日(金) 九州産業大学)
  112. 脳磁界解析による不快音音圧評価の検討 宿南篤人,石光俊介,大塚明香,中川誠司/Dynamics & Design Conference2013 USB論文集 No.314 6pages(2013年8月26日(月)〜30日(金) 九州産業大学)
  113. 特別講演:体内伝導音とその福祉応用 石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  114. 特別講演:エンジン音の適応制御と音質評価 石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  115. 特別講演:機械瞬時音の音質評価の音質評価 石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  116. アクティブノイズコントロール 森 大輝,上鹿庭 健浩,石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  117. ドライビングシミュレータを用いた音知覚実験 金藤 咲良,石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  118. 視覚障がい者支援システム−立体音響による視覚障がい者のためのGUI− 岩瀬 大佑,菅 秀裕,石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  119. 発声障がい者支援システム−体内伝導音ピックアップと再生装置− 山中 貴弘,名越 隼人,石光 俊介/第50回機機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  120. 発声障がい者支援システム−スマートフォンによる支援システム− 齋藤 愛,藤井 美奈,石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  121. 蝸牛モデルによる非線形性の解明 村上 泰樹,伊藤 智基,石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  122. 実信号ウェーブレット変換と三角形ウェーブレット 村越 広大,石光 俊介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  123. 警報音の脳磁界による音質評価 宿南 篤人,石光 俊介,中川 誠司/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  124. 船舶規制問題を対象としたANC 木田 勝也,石光 俊介,中村 庸介/第50回機械の音研究懇話会 (2013年8月2日(金)広島市立大学)
  125. 聴覚誘発および自発反応に及ぼす刺激音圧の影響−脳機能データによる不快音圧評価のための基礎検定− 宿南 篤人,大塚 明香,石光 俊介,中川 誠司/日本生体磁気学会 第28回日本生体磁気学会大会論文集 Vol.26 No.1 pp.188-189(2013年6月7日(金)〜8日(土)朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター)
  126. 基底膜振動系での2音抑圧に与える2次元的圧縮特性の影響 村上 泰樹,石光 俊介/日本音響学会 2013年春季研究発表会 講演論文集 2-8-6 pp.583-584(2013年3月13日(水)〜15日(金)東京工科大学八王子キャンパス)
  127. 聴覚誘発および自発脳磁界に及ぼす刺激音圧の影響−不快レベルの客観推定のための基本的検討− 宿南 篤人,大塚 明香,石光 俊介,中川 誠司/日本音響学会 2013年春季研究発表会 講演論文集 2-Q-9 pp.619-620(2013年3月13日(水)〜15日(金)東京工科大学八王子キャンパス)
  128. 発音機能障がい者のためのスマートフォンによる支援システムの開発 藤井 美奈,石光 俊介,福井 和敏/日本音響学会 2013年春季研究発表会 講演論文集 1-P-42 pp.919-920(2013年3月13日(水)〜15日(金)東京工科大学八王子キャンパス)
  129. エンジン次数成分に着目した適応制御の高速化に関する検討 ○上鹿庭 健浩,石光 俊介(広島立大),滑川 恵介,高木 俊尚,吉田 一紀,鈴木 健太,千野 貴礼(スズキ)/日本機械学会中国四国支部 第51期総会・講演会 講演論文集 No.135-1 pp603(2013年3月8日(金)高知工科大学)
  130. 船内騒音に対するウェーブレットを用いた瞬時相関解析 ○村越 広大,石光 俊介,藤・m木 健介(広島市大院)/日本機械学会中国四国支部 第51期総会・講演会 講演論文集 No.135-1 pp601(2013年3月8日(金)高知工科大学)
  131. 聴覚障がい者支援のための振動呈示システムの基礎検討 ○岩瀬 大佑,石光 俊介(広島市大)/日本機械学会中国四国支部 第51期総会・講演会 講演論文集 No.135-1 pp716(2013年3月8日(金)高知工科大学)
  132. 舶用フィードバック型能動的騒音制御の検討 ○吉岡 孝将,木田 勝也,石光 俊介(広島市大院),中村 庸介(神田造船所)/日本機械学会中・綜l国支・煤@第51期・拷・E講演会 講演論文集 No.135-1 pp604(2013年3月8日(金)高知工科大学)
  133. 船室内を対象とした適応騒音制御に関する検討 ○木田 勝也,吉岡 孝将,石光 俊介(広島市大院),中村 庸介(神田造船所)/日本機械学会中国四国支部 第51期総会・講演会 講演論文集 No.135-1 pp605(2013年3月8日(金)高知工科大学)

特許

  1. アデノイド肥大判定装置、アデノイド肥大判定方法及びプログラム 特願2018-036434 2018年3月1日 
  2. 生体情報測定装置、生体情報測定方法及びプログラム 特願2018-32470 2018年2月26日
  3. 音質制御システム、音質制御方法及び動力機械 特願2017-160560 2017年8月27日
  4. 実信号時間変動ウェーブレット解析の応用 特願2017-148350  2017年7月31日 
  5. 舌位・舌癖判定装置、舌位・舌癖判定方法及びプログラム 特願2016-167180 2016年8月29日
  6. 転倒検知装置及び転倒判定方法 特許第6297611号 2018年3月2日
  7. 転倒検知装置及び転倒判定方法 特願2015-88933 2015年
  8. 発声支援方法 特許第5354485,2013年9月6日
  9. 信号再生装置 特許第5327735,C2013年8月2日
  10. 音声認識装置および音声変換装置 特許第5229738,2013年3月29日
  11. 発声支援方法 特願2007-340381,2007年
  12. オーディオ装置における信号処理回路 DE P4223906.0
    デジタル信号処理により実現したコンプレッサ,エキスパンダ,リミッターなどの信号処 理装置に,エンファシスの有無による検出誤差を防止するフィルタを設けることにより, CD等のデジタル信号のエンファシスの有無による誤動作を防止する.
  13. オーディオ装置における信号処理回路 特開平5-075367,US P904329(米登録),DE P4221428.9(公開中)
    オーディオ装置におけるコンプレッサ,リミッタ,エキスパンダ等の信号処理に関し,音量調節部の設定音量に応じて入出力特性を適応的に切り替え,音量設定に応じた適切な信号処理を行うことを目的とする.
  14. オーディオ装置における信号処理回路 特開平5-102770,US P913620(米登録)
    オーディオ装置において,コンプレッサ,リミッタ,エキスパンダ等で信号レベルに応じて入力信号を可変増幅して出力するようにした信号処理回路に関し,可変利得制御部の増幅利得の変化時のアタックタイムとリリースタイムを適応的に切り換えることにより,歪みが少なく聴感上自然な音づくりを行う.
  15. 騒音制御装置 特開平7-225585 
    騒音制御装置の動作を停止させる際に,DSPの特性を決定するフィルタ係数$w_i(n)$($i$はフィルタ係数番号)の更新を次式$w_i(n+1)=\gamma w_i(n)+2\mu e(n)x(n-i)$における係数$\gamma$の値を$0<\gamma<1$の範囲に設定することを特徴とする.
  16. 騒音能動制御方法及び装置 特開平8-12987 
    空間の音響伝達特性を近似させ係数化した1または2以上の伝達関数モデルを用いて騒音を消去する消音音波を発生する騒音能動制御装置において,前記係数値は測定に関わるすべての伝達関数モデルについて,位相条件を変えずに夫々の伝達関数に対応する振幅値が一定値になるように係数値を再設定することを特徴とする.
  17. 音声認識装置 特願平7-237142 US 705502(登録),EP DE FR GB (公開中)96306067.8-2215
    確率モデルを用いた不特定話者音声認識装置において,非常に少ない発声(1,2回)で新単語登録や再学習が行えることを特徴とする.
  18. 音声認識における音声特徴量の補正方法,音声認識方法,音声認識装置及び音声認識プログラム(音声環境適応法) 特開平11-296192(410099051) 米
  19. 音声モデルの作成方法及びこれを用いた音声認識装置(簡易環境学習法)特開平9-081183 
  20. 音声認識方法及び音声認識装置並びに音声認識装置を動作させるための記録媒体 特開平11-126090(出願番号409290731) 外・早FUS GB FR EP DE
  21. Signal processing circuit in an audio device, United States Patent 5,255,325 S.Ishimitu, H.Kihara and S.Mori
  22. Signal processing circuit for audio apparatus, United States Patent 5,396,562 S.Ishimitu, H.Kihara and S.Mori
  23. Method of preparing speech model and speech recognition apparatus using this method, United States Patent 5,903,865 S.Ishimitsu and I.Fujita \item[6.]Speech recognition method and speech recognition apparatus, United States Patent 6,067,513 S.Ishimitsu
  24. Method of modifying feature parameter for speech recognition, method of speech recognition and speech recognition apparatus, United States Patent 6,381,572 S.Ishimitsu and I.Fujita
  25. Signal compressor for audio reproduction system - detects input signal level to access tables containing output values for compressing different signal ranges, German Patent DE4221428 S.Ishimitu, H.Kihara and S.Mori
  26. Signal processor for audio reproduction, e.g. for CD player - has detector to identify pre-emphasis based on 4 bit code to control de-emphasiser coupled to amplifier gain control, German Patent DE4223906 S.Ishimitu, H.Kihara and S.Mori
  27. Method of preparing speech model and speech recognition apparatus using this method, German Patent DE69613644T S.Ishimitsu and I.Fujita
  28. Speech recognition method and speech recognition apparatus, German Patent DE69806557T S.Ishimitsu

座長

  1. The 25th International Congress on Sound and Vibration(ICSV25), Sessions T02 RS1 "Active structural acoustic control", Sessions T05 SS5 "Wave propagation application in fluids, complex solids and structure", Sessions T07 RS1 "Condition monitoring and Vibration testing", Hiroshima, Japan, July 9-12, 2018
  2. 日本音響学会 2017年秋季研究発表会 うごく!音のデザインIII, 2017年9月25日
  3. The 12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017) ,Sound System and Applications, Kurume City, Japan,August 28-30, 2017
  4. 日本音響学会 2016年春季研究発表会 騒音対策, 2016年3月11日
  5. 日本音響学会 2015年秋季研究発表会 スペシャルセッション 音のデザイン 自動車の音にこだわる-制御からデザインへ-, 2015年9月16日
  6. The 10th International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2015), Computer Technologies for Intelligent Systems, Dalian, China, 20-22, August, 2015, Contribution Award受賞
  7. The 22th International Congress on Sound and Vibration(ICSV22),"Classical and Advanced Signal Processing for Acoustics and Vibration", Florence, Italy, from 12 to 16 July 2015
  8. The 21th International Congress on Sound and Vibration(ICSV21), Session SS15A, SS15B "Advanced Signal Processing in Sound and Vibration", Beijing, China, July 13-17, 2014
  9. The Ninth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2014),Busan, Korea, June 15-18, 2014
  10. International Symposium on Marine Engineering & Technology 2013, Dynamics, Noise and Vibration,Busan, Korea, October 22-25, 2013
  11. Seventh International Conference on Inoovative Computing, Information and Control Fifth International Symposium on Intelligent Informatics, Shanghai, China, November 4-6, 2012
  12. The 19th International Congress on Sound and Vibration(ICSV19), Session F12 "Condition Monitoring and Vibration Testing", Vilnius, Lithuania, July 8-12, 2012
  13. Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), Kitakyushu, December 22-24, 2011
  14. 日本騒音制御工学会平成23(2011)年秋季研究発表会 機器・製品音設計に関する研究動向,2011年9月16日
  15. 日本機械学会中国四国支部第48期総会・講演会 情報・知能・精密機器V,2011年3月5日
  16. Computer Technologies for Intelligent Systems,Zhong Zhang (Toyohashi University of Technology), Prof. Katsuhiro Inoue(Kyushu Institute of Technology), Prof. Shunsuke Ishimitsu (Hiroshima CityUniversity),ICICIC-2010,Xi・fan, China,December 20- 22, 2010
  17. 日本機械学会中国四国支部第48期総会・講演会 情報・知能・精密機器,交通・物流,2010年3月6日
  18. 8th International Symposium on Marine Engineering, ISME BUSAN 2009, Dynamics, Noise and Vibration, Busan, Korea, October 18-22, 2009.
  19. ACTIVE 2009, the 2009 International Symposium on Active Control of Sound and Vibration, Active Control of Sound V, Ottawa, Canada, August 23-26,2009.
  20. 日本機械学会中国四国支部第47期総会・講演会 情報・知能・精密機器,交通・物流U,2009年3月6日
  21. AES 34th International Conference 2008, 3-D Audio and Synthetic Audio, Jeju, Korea, August 28 - 30, 2008.
  22. 日本機械学会中国四国支部第46期総会・講演会 機械力学・計測制御X 〔座長 石光俊介(広島市立大)〕,2008年3月7日
  23. Session 63 "Operation, Automation and Control 2", 7th International Symposium on Marine Engineering, Tower Hall Funabori, Tokyo, October 24-28, 2005
  24. The 2002 International Symposium on Active Control of Sound and Vibration Feedforward control II Southampton, UK 15-17 July,2002
  25. 日本機械学会中国四国支部第40期総会・講演会 機械力学・計測制御U〔座長 石光俊介(大島商船高専)〕,2002年
  26. Sixth International Symposium On Marine Engineering TOKYO 2000 Tokyo 23-27 October,2000

教材

  1. サウンドデザインとその評価方法入門 石光俊介 /ブリュエル・ケアー・ジャパン技術講習会 教材,2016年12月
  2. 実務者のための騒音防止技術 石光俊介 (社)日本機械学会関西支部第344回講習会 教材,pp33-52,2016年7月
  3. 実務者のための騒音防止技術 石光俊介 (社)日本機械学会関西支部第336回講習会 教材,pp29-46,2015年1月
  4. サウンドデザインとその評価 石光俊介 /ブリュエル・ケアー・ジャパン技術講演会 教材,2013年12月
  5. 実務者のための騒音防止技術 石光俊介 (社)日本機械学会関西支部第326回講習会 教材,pp23-45,2013年7月
  6. サウンドデザインとその評価 石光俊介 /ブリュエル・ケアー・ジャパン技術講習会 教材,2012年12月
  7. 製品音の快音化とその解析 石光俊介 /岡山大学産学官融合センター、岡山県工業技術センター共催 第26回振動技術懇談会 教材,2012年12月
  8. アクティブノイズコントロールの原理と実際 石光俊介 /香川高等専門学校講演会資料,2012年2月
  9. 実務者のための騒音防止技術 石光俊介 /(社)日本機械学会関西支部第318回講習会 教材,2012年1月
  10. サウンドデザイン評価と制御 石光俊介 /日本機械学会VS研究会資料,2011年2月
  11. サウンドデザインとその評価 石光俊介 /ブリュエル・ケアー・ジャパン技術講演会 教材,2010年12月
  12. サウンドデザインとその評価 石光俊介 /(社)日本機械学会関西支部第308回講習会 教材,pp33-38,2010年7月
  13. サウンドデザインとその評価方法 石光俊介 /鞄本テクノセンターセミナー教材,2009年5月
  14. サウンドデザインとその評価 石光俊介 /(社)日本機械学会関西支部第300回講習会 教材,pp31-36,2009年1月
  15. サウンドデザインとその評価方法入門 石光俊介 鞄本テクノセンターセミナー教材,2008年12月
  16. サウンドデザインとその評価 石光俊介 /ブリュエル・ケアー・ジャパン技術講演会資料,2008年8月
  17. サウンドデザインとその評価 石光俊介 /(社)日本機械学会関西支部第294回講習会 教材,pp.31-36,2008年1月
  18. サウンドデザイン実践入門講座 石光俊介 /鞄本テクノセンターセミナー教材,2007年11月
  19. サウンドデザインとその評価 石光俊介 ブリュエル・ケアー・ジャパン技術講演会資料,2007年8月
  20. 騒音・音響のサウンドデザイン入門講座 石光俊介 /鞄本テクノセンターセミナー教材,2006年12月
  21. ウェーブレットによる車内騒音解析と聴感評価 石光俊介 /ブリュエル・ケアー・ジャパン技術講演会資料,2006年9月

その他

  1. UHQCDについての記事 / 季刊 Audio Accessory 2017Summer pp.256-pp.259, 2017Winter pp.25
  2. UHQCDについての記事 / 季刊 Audio Accessory 2015Winter pp.310
  3. 広島市立大学のテーマ紹介 石光 俊介(広島市大) 広島県音・振動技術研究会 平成24年度第4回研究会(2013年3月11日(月) 広島テクノプラザ)
  4. YME派遣とその後の活動(4)ー騒音低減からサウンドデザイン ○石光俊介 /日本マリンエンジニアリング学会誌 第40巻第4号 pp.79-80,(2005.7)
  5. YME派遣とその後の活動(4)ー騒音低減から騒音創成へ ○石光俊介 /日本財団助成事業2004年度若手技術者海外派遣報告・討論会 pp.21-22, (2005.5)
  6. 2003年度YME海外派遣報告(5)ードイツ,英国での交流記 ○石光俊介 /日本財団助成事業2003年度若手技術者海外派遣報告書 pp.17-20, (2004.5)
  7. 2003年度YME海外派遣報告(5)ードイツ,英国での交流記 ○石光俊介 /日本マリンエンジニアリング学会誌 第39巻第5号 pp.17-20,(2004.5)
  8. 海外研修助成 ヨーロッパでの海外研修を終えて 石光俊介 ○スズキ財団 /財団ニュースVol.21 No.28,2001年,pp.30-33

以上
Ishimitsu's Home もどる